FC2ブログ

naebo photo blog

北海道の鉄道車両を中心に日々撮影したものを紹介するブログです。

ピカピカの新車

_D4_3768.jpg
【2020-1-4 白石-苗穂】
3月のダイヤ改正からスーパーおおぞらの半分がキハ261系に置き換えられます。
運転に必要な8両×2本分の車両がすでに到着し試運転の後にスーパーとかちで随時運用に入り。
キハ283系の時もでしたが、新車分をまとめて運用に入れるのではなく1両単位で導入
恐らく走行距離の管理をしやすいようにバラバラに入れているものと予想しています。

先日撮影した際はST-1217が運用に入っており綺麗な姿が目を惹きました。
製造が開始されて10年以上が経ち細かな改良が施され様々なバリエーションが登場、この車両もライトがLEDに変更されているので遠くから見てもわかる輝きの違いで新たに増備された車両だと分かります。
スポンサーサイト



  1. 2020/01/11(土) |
  2. キハ261系
  3. | コメント:0

2020年スタート

_D4_2721.jpg
【2019-12-28 静修学園前-山鼻19条】
あけましておめでとうございます、更新が遅くなってしまいましたが今日から2020年の撮影記録などを紹介していきたいと思います
今年もよろしくお願いします。

写真は去年のものですが雪が降った後に札幌市電の撮影に行くとちょうど排雪作業をしておりササラ電車が出動
去年もいいものを撮れましたがその時と比べて降雪量が多い時間帯だったので派手に雪を飛ばしていくシーンを撮ることが出来ました。
新型が1両導入されたことによりこの車両もいつまで活躍するかは分かりませんが出来る限り撮影していきたい車両でもあります

2020年もみなさまにとって良き年であることを願っております。
  1. 2020/01/06(月) |
  2. 札幌市交通局
  3. | コメント:0

旧苗穂駅の解体終了

_D4_2399.jpg
【2019-12-21 白石-苗穂】
苗穂駅移転により進められていた旧苗穂駅の解体が全て終了し見慣れた風景が変わっています。
最後まで残っていた連絡通路も撤去されすっきりとし視界が広くなりました。

以前よりは撮りやすくなったものの架線柱などの構造物は多いので完全に綺麗に撮れませんがJRタワーがだいぶ見やすくなり、また新たな構図が増えたと思います。
駅と分かるものはほぼないですが、731系が走る函館本線には旧3.4番線の柱がそのまま架線柱として残っているのがその名残になっています。

駅舎があった部分は更地になっており構造物がないとこれほど広い敷地だったのだなと思う反面、旧定山渓鉄道苗穂駅ホーム跡も跡形もなく撤去されており定山渓鉄道時代を残すものがまた一つ消えてしまいました。

後方には高層マンションやビルが建築中で日々風景が変わっている苗穂ストレートとなっています。
  1. 2019/12/24(火) |
  2. 苗穂ストレート
  3. | コメント:0

キハ283系の置き換え開始

PICT0008.jpg
【1997-3-22 苗穂-白石】
JR北海道から3/14に行われるダイヤ改正の概要が発表されました。
以前から予告があったように快速エアポートの増発、スーパー名称の廃止、H100の山線導入発表などが盛り込まれています。
中でも釧路方面ではキハ261系導入により「おおぞら」の半分が置き換えられることも同時に発表されています。

キハ283系はスーパーおおぞら運転に伴って導入された車両なのは周知の通り、そのあと使用車両の拡大がされていますが事故以来スーパーおおぞらのみとなっています。
思えばスーパーおおぞらデビューは自分にとって大きなニュースで当時は中学2年生でした。
ダイヤ改正当日に恐らく4003Dだと思いますが苗穂カーブに撮影に行ってますが、ここでは自分以外にもそのニュースを知った人が(家族連れもいた)数名見に来ていたのが今でも印象に残っています。

当初は基本編成+付属編成という編成内容でしたが増結の常態化により編成での管理は出来なくなりその概念はなくなり
1両単位での増結、それに伴い様々な編成バリエーションが非常に楽しく、それをきっかけとしてスーパーおおぞら中心に撮影してきたました。
本格的に撮るようになったのもそれくらいの時期でもあり、下手ながらも撮影のたびに編成チェックを欠かすことはありませんでした。

この車両がなければここまで追いかけることもなかったと思います。まだ車両が充足しないときには11両で走ったこともありますし、繁忙期となれば9-10両が当たり前、そんな光景を見てきましたが近年は車両の使用車両抑制で増結も8両まで
常に先頭車が編成の中間に入るのが日常でしたが、最近では先頭車が中間に入れば現在では話題になるなど状況も次第に変化

とても思い入れのある車両ですがいよいよその座を新たな新世代車両であるキハ261系に譲ることとなりましたが、また新たな時代に入るということを考えれば当然のこと、名称は「おおぞら」に戻りますが車両が変わっても変わらず撮り続けていこうと思います。
  1. 2019/12/14(土) |
  2. キハ283系
  3. | コメント:0

雪ミク電車2020

_D4_2206.jpg
【2019-12-8 電車事業所前-ロープウェイ入口】
札幌市内はすっかり雪景色となりました、今日は風が強く一層と寒く感じる一日でしたがそんな中、札幌市電の撮影へ
先日内覧会が開かれた雪ミク電車2020が目的です。

毎年デザインが違い楽しみの一つとなっています。どの運用に入っているか分からないので待つしかなかったのですが
撮影しながら待っているとあっさり数分で撮ることが出来ました。
今年は淡い色が特徴的ですが青を基調としたものでところどころ紫が入るなど綺麗なグラデーションになっています。

もはや定番となっているラッピングですがこの季節になると楽しみにしている方もいると思います。
内覧会も多くの人が詰めかけるなどその人気が伺えますね。
  1. 2019/12/08(日) |
  2. 札幌市交通局
  3. | コメント:0

札沼線に山紫水明が入線

_D4_2038.jpg
【2019-11-17 豊ヶ岡-札比内】
通信状況が変わったこともありまたしても更新が止まってしまいました、今日から12月師走となり今年も残り一か月ですが最後はいい結果に終わるようにしていきたいですね。
さて遅くなりましたが11/16-17に山明+紫水を2両連結したイベント列車が札沼線を走りました。
天気が左右される一日でしたが撮りに来ている方が多いものの、路面には雪があり場所によっては凍結、追っかけは決して無理は出来ない状況だったので上下ともに2-3回が限度でした。

回数が稼げないとなればさらに重要になるのが撮影地選び、往路でここで撮りたいと思ったのがここの山バックでした。
当日の天気を考えれば見えないだろうなと思っていたら意外と山が姿を見せておりここで通過を待ちます。
ちょっとずつですが山もさらに見え始め通過時にはこのようになりました。

木々にはまだ紅葉が残っており一面が雪景色の中に色とりどりの景色を楽しむことが出来ました。
  1. 2019/12/01(日) |
  2. 札沼線
  3. | コメント:0

末期の光景

_D4_1368.jpg
【2019-10-21 蘭島】
更新が滞ってしまいました、今日から11月になり今年も残り2か月となってしまいました。
さて先日、山線にノースレインボーEXPが入線したので撮影に行ってきました。
まだ時間に余裕があり時刻表を見ると蘭島で交換風景があることが分かったので寄ってみました。

来年度よりH100に置き換えと発表がありキハ150同士での交換風景も見られなくなってしまうということで撮った一枚です。
現在は冬季のパワー不足と空転対策でキハ40の入線は時期的にほぼない状況ですが、このようなシーンを撮れるのも時間の問題となっています。
キハ150は90年代に登場した車両ではありますがまだまだの車両、これからどこに転用されるかというのも気になります。

山線内ではH100の試運転が行われるいることもあり新世代車両に変わりつつあります。
  1. 2019/11/01(金) |
  2. ローカル線
  3. | コメント:0

クリスタルエクスプレス ラストラン

_D4_0997.jpg
【2019-9-28 滝川-東滝川】
プレスリリースで発表の通り、リゾートエクスプレス第5弾として登場した「クリスタルエクスプレス トマム&サホロ」のさよなら運転が札幌-富良野間で行われました。
富良野には行く気にはならず前から撮ってみたかった根室本線へとアプローチするポイントに行ってみました。
前から知っていた場所ではありますが行くのは初めてです。

事前に確認をしていたので迷うことなく到着、時間が近くなるにつれて人が集まってきますが結局は4-5名といったところでしょうか。
奥に見える架線柱が函館本線、そしてクリスタルエクスプレスが走るのが根室本線です。
望遠が足りなくてテレコン使用ですがやはりこれでも足りないと感じてしまいました。
追っかけることもなくこの日は同列車を撮ったのはコレだけ。

クリスタルエクスプレスといえば高校生の頃に乗って富良野まで、そこでラッセルヘッドを連結したノロッコ号を撮りに行ったのが思い出にあります。
確か帰りは前面の席が空いていて車掌に話すと座って展望していいよ言われて、しばらくそこで座って前面展望を堪能していたこともありました。

残るはノースレインボーのみとなりますがキハ261-5000が登場するとなると世代交代ということがありそうです。
経年から考えると当然のこと、多目的列車も次の世代に変わろうとしています。
  1. 2019/10/01(火) |
  2. キハ183系
  3. | コメント:0

今年も運転

_D4_0955.jpg
【2019-9-22 追分-三川】
毎年運転される障碍者の方を乗せて走る「ひまわり号」が運転されました。その都度運転区間が変わり今回は由仁までの運転となりました。
由仁駅の配線の都合と留置の関係から回送区間もあり岩見沢まで走り留置
そのおかげで複数回撮影することが出来ました。

写真は岩見沢から回送され追分で折り返し由仁まで回送される「ひまわり号」です。
石勝線と室蘭本線が入り混じり複雑な配線は見ての通りとなっています。
左が石勝線、右が室蘭本線で広大な敷地はかつての追分機関区があった名残でもあります。

ひまわり号は毎年運転される区間が変わるので、来年はどんな場所まで運転されるか楽しみな列車です。
  1. 2019/09/23(月) |
  2. キハ40系
  3. | コメント:0

羊蹄山バック

_D4_0577.jpg
【2019-9-14 倶知安-小沢】
昨日は特急ニセコの撮影のため山線へ、倶知安が近くなった時に時刻表を確認したら1本ローカルがあることが分かったのでまずはこちらから撮影することに
向かったのは羊蹄山バックで有名な北四線踏切
山はほぼ出ている状態でしたが刻一刻と変わりやすい天気にしては9割ほど姿を見ること出来ました。

さて来た列車はヨンマルを先頭にキハ150との混結
キハ150先頭のことが多くあまり巡り合えませんでしたが今回は先頭で来てくれたので姿が見えたときはちょっと嬉しくなりました。
前回綴った通り山線のローカルはH100に置き換えられることが決まっており、ついでに撮影出来ればなと寄り道して正解でした。
このあとは割と近くにある200kpで特急ニセコを撮影、追っかけはしてみたものの追いついたのが黒松内で国道がショーカットする区間でやっといった感じでした。

下りは撮らずそのまま室蘭経由で帰宅、ニセコの撮影より北四線でヨンマル先頭を撮れたのがいい収穫になりました。
  1. 2019/09/15(日) |
  2. キハ40系
  3. | コメント:0
次のページ

カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

カウンター

プロフィール

Author:ぞら
日常的に走る車両を中心に撮影しています。

【カメラ】
EOS5D MarkⅣ
EOS7D

【レンズ】
Canon EF17-40mm f4L
Canon EF24-105mm f4L IS USM
Canon EF70-200mm f2.8L
Canon エクステンダー×1.4

当ブログに掲載されている画像等の無断転載・二次使用等はご遠慮下さい

最近の記事

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

バロメーター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

QRコード

QR