naebo photo blog

北海道の鉄道車両を中心に日々撮影したものを紹介するブログです。

電車と気動車

昨日は夕張に行ったので今日は近場で午前中だけの撮影でした。
なんか7時くらいに目が覚めたので144M撮りに行こうと思い菊水で撮影、雪もちらついてるし薄曇りなのでこの場所を選んだんですが、通過する頃には雲から抜け出してしまい思い通りにはなりませんでしたが、逆光ならではのいい写真が撮れたのでちょっと満足でした。
_MG_5848.jpg
【2015-1-25 白石-苗穂】

そして144Mの前に来るのがDC+ECの併結列車、雪が降った直後ということもあり舞い上がりすぎて後ろの731系が隠れてしまうのは考えてなかったのですが、
この列車が通過する時は逆光で反射した雪煙がとても綺麗でした。
スポンサーサイト
  1. 2015/01/25(日) 15:08:59|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

三日連続江別に

仕事の関係で三連休だった私、結局三日連続で夕張川鉄橋に行ってしまいました(笑)
何故か撮影に来ている人が非常に多くて驚きました、特に何かある訳でもなく、両岸を含めると15人位はいたでしょうか?
江別方は人が多くて入る余地はないと思い、岩見沢方で撮影をしていました。
_MG24042.jpg
【2014-6-22 江別-豊幌 1085レ】
夕張川鉄橋を渡ってカーブに進入する1085レです。
この場所ではあまり撮ったことがなかったのですがなかなか良さそうな感じです。
札幌は晴れていたのに江別は曇り、メインの回5288Mの時も曇っていましたが18時頃になると
晴れ間が出てきてギラってくれました。

本当は青空のもとで711系を撮りたかったのですがそれは適わず、次回にリベンジです。
  1. 2014/06/23(月) 20:08:31|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

夕張川鉄橋

今日は祝日ですねー
午前中は9772レが走るみたいなんで桜と絡めて撮ろうと思い上野幌に行ったら咲いてませんでした(笑)

午後からは上野幌で臨時北斗を撮影、函館方の先頭車は更新車で上部3灯がHIDに変更された車両で
予想より明るくてビックリ、でもやっと撮ることが出来ました。
2か月ぶりに夕張川鉄橋に行ってみました。
狙いは回5288Mと旭山動物園号でした。風が出て肌寒いものの雲がない晴れ間でいいものが撮れましたが
それにしても寒かった…
_MG25916.jpg
【2014-4-29 豊幌-江別】

そして2日前のことですが旭川のドリフトチームの走行会にお誘いを頂きてまして砂川でその撮影をしていました。
札幌を4:30に出発して途中札沼線に寄り道、現地にはゲートオープン直前に到着。

昼はありがたいことに弁当を頂きましたが微妙に量が少なかったからラーメンでも思ってたら
ショップの社長がBBQをしていて呼ばれたのでみんなで美味しいいい肉(1kg 2000円)を食べれてちょっと幸せでした(笑)
_MG25595.jpg
【2014-4-27 オートスポーツランド砂川 ヤカラワークス走行会「輩祭り」】
全国的にもまだ台数が少ないクラウンのドリ車です。
なかなかインパクトがあって撮り応えのある一枚だったりします。

とても楽しい走行会の撮影でした。
  1. 2014/04/29(火) 21:07:57|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

SL室蘭

こんばんは
今日から始まったSL室蘭です状況をお伝えします。現在、遠征先から携帯で書いています。

沿線状況ですが今日は富浦の先にあるカーブで撮影しそのあと追っかけを試みましたが、クルマが多く室蘭までの間で一度も追いつきませんでした。
よって追っかけ撮影は不可能と判断したほうが良さそうです。撮影チャンスは一回だけと割り切ったほうがいいかと思います。

また光線状態はあまり良くなく、撮影ポイントのロケハンをオススメします。
明日は今日以上の人出が予想されるので早めの行動推奨です。

以上、沿線情報はこんな感じです。
  1. 2012/05/19(土) 21:25:14|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

秋の苗穂は・・・

ブログの更新さぼってました、というか撮影に行けてないのでネタがない!
そこで今の時期の苗穂で撮影する場合、どうするべきかそれをネタにしてみました。

さて段々と冬に近づいてきて陽が低くなっています。
その影響で順光にも関わらず架線の影が容赦なく車体に掛かります、これ要注意です。
写真は13:57分頃に撮影したスーパーとかちで、先頭部分に影がかかってしまっています。
2007-10-8_0011_JFR.jpg


よってこの部分でシャッターを切ると間違いなく影が写ります。
ただし曇りの日は関係ないので問題ないでしょう。
もしくはシャッターを切る位置を変えるしかありません。
効率良く撮影できる反面この時期は要注意です。午前だと先頭が潰れがちになってしまいますが問題ないと思います。

架線したで撮影するには避けられないのでみなさん、昼間でも影が掛かってしまうので要注意ですよ~
  1. 2007/10/18(木) 19:51:55|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

ハイブリットカー

JR北海道の車両に初のハイブリット気動車が誕生しました。
それはキハ160をベースとしたもので、以前よりハイブリットに改造するという計画を聞いていたものの、まさかこんなに早くお目にかかるとは思いませんでした。

塗装も日高線色をベースとしながらも、いかにも試験車両という感じ
詳細はまったく分かりませんがいずれ鉄道雑誌に紹介されるでしょう。
2007-10-70001_JFR.jpg


これを撮れたのは日曜日、通常なら苗穂工場はお休みです。
ですが朝から晩まで試運転線で試験走行を繰り返していました。
恐らくプロジェクトチームが組まれたのでしょう。
日曜日に車両が動いているのはここ数年見たことがありません。

最近話題に欠くことはありませんが新たな注目車両となりました。
ただ配置がどこなのかも不明でどのように試験をするのかは発表を待つしかありません。
  1. 2007/10/10(水) 21:38:14|
  2. 未分類
  3. | コメント:2

785系流し撮り

デジにしてからというもの、流し撮りがコストの問題などがなくなり挑戦しやすくなりました。
いろいろとシャッター速度を試してみて1/160くらいがブレないしほどよく流れてくれるので最近はこのシャッター速度で撮っています。

そこでいつものホームグランド、苗穂で785系を流してみました。
このストレートのとこはあまり距離も離れていないので、撮るときは少々窮屈な感じですが何とかなるものですね。
100mmくらいだとバランスよく撮れます、シャッターを切った瞬間はギリギリすぎて不安でしたがモニターで確認するとバッチリ2007-9-24_0040_JFR.jpg

これは9/24に撮ったものでマークもSWA/Airportでいい記録となりました。
このときはAIフォーカスを使いピントはカメラ任せ
ちゃんとピントを追ってくれるので安心して任せられます。
  1. 2007/10/06(土) 22:49:59|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

北斗星が苗穂に?!

2000年3月下旬に噴火した有珠山、その影響は大きくローカル線となっていた山線を一時期
特急街道にしたほど迂回が半年間続きました。
寝台特急も例外ではなく迂回を余儀なくされました。

そこで問題となるのが編成の向きと機回し、前者は北斗星の一部を苗穂のターンテーブルで
一日3両づつ方転が行われ問題はクリア。
そして機回しは札幌駅のホームの構造上、機回しが出来ないためわざわざ苗穂に回送された上で機回しが行われました。
写真はその一コマ、苗穂駅7番線に機回し中の北斗星が留置されています。
トワイライトを除く寝台特急・急行は札幌到着後全て苗穂に回送されて再び札幌運転所に回送されていきました。
hokutosei0002.jpg

しかし手間と要員が必要になってきますし、これはその後は続かず
小樽駅にて重連の前に連結されていたDD51を後部に連結したプッシュプル運転に改められました。
プッシュプルだったのは小樽-札幌で、札幌到着後はその姿で回送されています。

それに気づいたのはもう一回、苗穂駅へ撮影に行ったときでした。












何分待っても来ないんです・・・(爆)



来ないはずですよね・・・プッシュプルにして苗穂へ回送される手間がなくなったんですから。

さてこの運転方式、実は意外な形で生かされることとなりました。
それは冬季に設定されていた「北斗星ニセコスキー号」
臨時北斗星で山線経由で運転されていたので2年くらい運転されていました。

これも同じように手間がかかるので小樽駅でプッシュプルにした上で小樽-札幌間を運転されました。
この列車も設定されなくなり寂しい限りです。
  1. 2007/09/27(木) 21:05:21|
  2. 未分類
  3. | コメント:2

とかち両端スラントノーズ

昨日からとかちの編成が両端スラントノーズとのこと
残念ながら撮影する可能性はなさそうです・・・休みの日にそのままの編成であればまだチャンスはありますがどうなるんだろう・・・

ふと過去にこの編成を撮ったことを思いだしました。
後にも先にも両端スラントノーズで撮ったのはこのときだけ、当時は特に話題にもならず「撮れてラッキー♪」くらいしか思っていませんでしたが

今にして思えばこのチャンスに巡り合えたことはあまりない事
記録が大事だということを思い知らされる一枚です。

ということで今では撮れない苗穂カーブ+両端スラントノーズです。
何年前かも覚えてないですが、キサロハが釧路に転属した年だったような曖昧な記憶があります。
tokachi0025.jpg

普段何気なく撮っていても後々、貴重な写真となる場合もあるので日々の記録は欠かせません。
これかなり大事です。
  1. 2007/09/26(水) 20:27:46|
  2. 未分類
  3. | コメント:2

幻のSLニセコ

北海道鉄道120周年で復活したC11-207号機
その前イベントとして171号機+すずらん編成による「プレSLニセコ」なるものが計画されました。
山線にSLが復活するのはC62ニセコ号以来、そんなこともあり全国からファンが集まりました。

既に試運転情報を入手していたのでどこにしようか悩み
まだ学生だったこともあり銀山駅そばで撮影することに決定、もちろん免許はまだないので列車移動です。
早い段階から現地に行き場所取り、寒い中通過時間まで待ちやっと通過時間に!
このときは隣に道新の記者の方がいました。

一眼レフを手にしてから初めての山線でSL撮影です。
何回もピントなどをチェックし準備万端
そして現れて撮れたのがこの写真です、先頭が真っ黒ですね、試運転なのでヘッドマークなし!てか露出がアンダー・・・
sl-niseko0077.jpg


続いて返しは塩谷駅に向かい歩道橋から撮影。ここでも見事に露出が足りてません・・・
sl-niseko0119.jpg


そして懲りずに翌日また行っちゃいました。
でもさすがに疲れたのか遠くには行かずこの日は小樽駅で撮影sl-niseko0117.jpg


返しまで時間があったので一旦帰宅
ちょうどいい時間を見計らってまた塩谷へ、当時学生のわたし、塩谷は手軽で簡単に撮れるいい場所で何回も行った場所です。
そうそうこのとき一緒に大成の男様と撮影しております。お忘れになっているかと思いますが(爆)

通過時間になって現れたのは違う編成!
なんとDL先頭です、「故障でも起きたのか?」と不安になりました。
sl-niseko0118.jpg

その晩、小さな鉄道博物館さんに電話すると「小樽駅構内のダイヤの関係で返しはDL先頭で走った」とのこと

さーて試運転も撮れたしあとは本運転を楽しみに・・・とはいきませんでした。
なんと有珠山の活動が活発化、地震が頻発し室蘭本線も終日不通に・・・

臨時火山情報が出され急遽特急を山線迂回することが決定、当然ながらプレSLニセコもその影響を受け試運転は結局3日間で終了。
特急を本格迂回させるために普通列車は全てバス代行、その空いた時間帯を使って特急・寝台・貨物の迂回が行われることになりました。

一週間後くらいにプレSLニセコは正式に運転中止決定
お客を誰も乗せることなく終わるという結果に、「幻のSLニセコ」となってしまいました。
結局、有珠山はその後噴火し迂回は約半年ほどにも及ぶ長期迂回となってしまいました。

10月のSLニセコ運転開始はまさにまちに待った日だったのです。
SLニセコは紆余曲折ありながら今は順調に走っています、何かと思い入れのあるSL列車だけに毎年の撮影は欠かせない列車の一つです。
  1. 2007/09/25(火) 22:10:01|
  2. 未分類
  3. | コメント:0
次のページ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カウンター

プロフィール

Author:ぞら
網走市生まれ、札幌市在住
小学生の頃から苗穂で撮り続けています。

【カメラ】
EOS7D(メイン)
EOS40D(サブ/予備機)

【レンズ】
Canon EF17-40mm f4L
Canon EF24-105mm f4L IS USM
Canon EF70-200mm f2.8L
Canon エクステンダー×1.4

当ブログに掲載されている画像等の無断転載・二次使用等はご遠慮下さい

最近の記事

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

バロメーター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

QRコード

QR