naebo photo blog

北海道の鉄道車両を中心に日々撮影したものを紹介するブログです。

ル・マン24時間レース優勝車

祝日となった今日ですが小樽と出かけてきました、小樽交通記念館(現:小樽総合博物館)としてリニューアルしてから長年展示されていたマツダ787Bのレプリカが返却されるとのことで今回はそれが目的でした。

建物内展示だったのですがそれもいつのまにか屋外にある専用の展示スペースに移動されて、自然光があるので室内と比べると撮りやすくなったのではないでしょうか。
今更ながらデジで始めての撮影でしたが手前の鎖が入ってしまうのは仕方ないにしてももう少し工夫してもらえればスッキリと撮ることが出来たかもしれません。
_MG_1203.jpg
【2015-11-3 小樽総合博物館】

到着直後だったのですがアイアンホース号の発車時間が近いのでこちらを先に撮影をしていました。
なかなか綺麗に撮れる場所がなく機回し線があるあたりで撮ることにして待ちます。
_MG_1149.jpg
【2015-11-3 小樽総合博物館】
距離にして数百mなのでゆっくりとした速度で走っています、白い煙がとてもいいアクセントになりました。
同博物館には歴史的に価値のある車両や建物などがありますが、輸入されてきたアイアンホースも1909年ポーター製、アメリカの保存鉄道から移ってきて状態も良く現在も走り続けています。

そういえば今日って「学校へ行こう!」復活スペシャルなんですよね、私が中学~高校生の頃はそれこそ毎週欠かさず見ていました。
いろんな企画があって笑わせてもらいましたがとても懐かしくさっきちょっと見ていました。
ただMCは渡辺真理奈と加藤あいの時代が中心だったので、紗子と夏帆の時代って知らないんですね、この頃は見なくなっていたのもありますが…

当時の事を思い出しながら再び見ることにします。
スポンサーサイト
  1. 2015/11/03(火) 19:32:57|
  2. 保存車両
  3. | コメント:0

復活

今日から11月となりました、今月をカウントすると2015年も残り2ヶ月しかありません。
昨日の悪かった天気と違い今日は気持ちのいい青空が広がる一日でした、起きて少し経ってからクルマのタイヤ交換をしていました。
午前中は1時間ほどでクルマの冬支度を終えて苗穂で少し撮影、そのあと欲しいものがあったのでヨドバシへ。

午後からは快晴が続くみたいなのでタイヤの皮むきも兼ねて長沼へ
10/3-4に掛けて日本旅行で修復するボランティアツアーが組まれ、三菱大夕張鉄道保存会が中心となって荒れていた元夕張鉄道の25号機が補修され美しく蘇りました。
_MG_0973.jpg
【2015-11-1 長沼コミュニティ公園】
時間が足りず全て修復出来なかったそうですが、前回の荒廃具合をこの目で見ているだけにここまで綺麗になったのはただ凄いという言葉しか出ません。
三菱大夕張鉄道保存会独自の車両修復のノウハウがあってこその復活でしょうね。

これから雪も降る時期ということもあり、どのように冬を越すかは分かりませんがブルーシートに覆われることもあることからそうなる前に訪れて正解でした。
  1. 2015/11/01(日) 18:39:23|
  2. 保存車両
  3. | コメント:0

復活した白帯

昨年は「汽車フェスタ」の前夜祭と二日間行きましたが今年は「汽車フェスタ」だけ行ってきました。
かつては放置されて荒廃していた駅周辺、客車に関しては雪で横転してしまうほどになり解体の危機すらありましたが、保存会のみなさんがここまで綺麗に整備し蘇えらせたのはただただ凄いとしか言いようがありません。
_MG_7228.jpg
【2015-9-6 旧南大夕張駅】
昔の写真を見ると駅構内には多くの線路と駅舎があったのですが、見る影もなくどのように広がっていたのかまったく想像出来ません。
夕張に向かう途中、森の中へ入って行きますが軽い峠越えがあります、その地域は「錦沢」
スイッチバックとループ線の組み合わせで峠を上っていた付近です、さらにそこには「錦沢遊園地」があったなど、森に還ってしまった現在ではまったく分かりませんでした。

_MG_7249.jpg
【2015-9-6 旧南大夕張駅 ナハフ1】
これが今回”白帯”が復活したナハフ1です、誤乗防止のために塗られていたとか…
帯には等級表示ではなく社紋である「三つ菱」が描かれていたんですね。
貴重な私鉄発注の客車の歴史の一つがまた新たな発見が出来たような気がします。
  1. 2015/09/07(月) 18:59:39|
  2. 保存車両
  3. | コメント:0

711系保存車

711系が本線から引退して5ヶ月が経ちました、大半は陣屋町に運ばれ解体中で苗穂でも何編成かが解体されました。
そのうち岩見沢に廃車回送されていた2編成のうちS113編成が岩見沢栗沢の「大地のテラス」にチーム711を中心として輸送費を有志で募って目標額に達成したことから保存されることが決定したのはご存じだと思います。

昨日ですがわりと天気も安定してきたしということで足を運んでみました。
岩見沢と言えど元は栗沢町ですので市街地からは思ったより離れていました。ナビを頼りに行きましたが「大地のテラス」は登録されておらず検討をつけた場所を目標に走ると案外簡単に見つかりました。
_MG_6475.jpg
【2015-8-15 大地のテラス】

_MG_6483.jpg
【2015-8-15 大地のテラス】
先頭車のみの保存ですがこういう形で残されることに意義があると思います。
行ったときは気が付かなかったのですが前は入ってなかった種別幕が入ったようで「普通」を表示していました。

これからいろんな企画を計画しているようなので上手く活用されていくことを願いたいですね。
  1. 2015/08/16(日) 17:48:17|
  2. 保存車両
  3. | コメント:0

苫小牧のC11

先週は二日連続で伊達方面に行きましたが二日目は長居をせず早めに帰路につきましたが、その帰り日に道に苫小牧市科学センターに保存されているC11-133号機に会いに行ってきました。
このカマを訪れるのは何年振りでしょうか、まだ免許取り立ての頃だったような気がします。
_MG_7506.jpg
【2015-4-5 苫小牧市科学センター】
綺麗な状態を保っているのが好感を持てますね。
デジタルにしてから撮影していなかったというのも訪問理由の一つでしたがもう一つあります。
実はとあるカマの部品がついてるのでそれを再確認するため。

_MG_7502.jpg
【2015-4-5 苫小牧市科学センター】
塗装で塗りつぶされているのですがうっすらと「C11-171」の刻印が分かるでしょうか?

_MG_7501.jpg
【2015-4-5 苫小牧市科学センター】
アップで撮った写真だとハッキリ分かりますね、これを再度確認するためだったのです。
これは現役時代に振り替えられた部品ではなく、復元に際して恐らく171号機についてたこの部品が基準に満たず
133号機の部品の状態が良かったので外したままではなくトレードした形でこのように残っています。
これを聞いたのはそれこそ171号機が復活して少し経った頃でその時もこれだけを見に行ったようなものでした。

蒸気現役時代には例えばボイラーとか動輪など、廃車になったカマから部品を供出したすることもあり、保存蒸気でもそのような名残を見ることが出来ます。
これを一つの楽しみ方としてまた新たな視点で見れるのが保存車両巡りだったりします。

この目で見てみたという方はぜひ訪れてみてください、該当部分は駐車場側のシリンダー前のロッドになります。
  1. 2015/04/14(火) 20:23:21|
  2. 保存車両
  3. | コメント:0

貴重な一両

先日、豊浦方面へ行ったときの事、私はどこか遠くに撮影に行くと暇な時間などを利用して保存車両を撮影に行くのですが今回は移動中に行ってみました。
確か豊浦にD51が保存されてると思ったので中央公民館へ
_MG_7346.jpg
【2015-4-4 D51-953 豊浦中央公民館】
どんなカマだったのか忘れていたのですが行ってみてビックリ
貴重なギースル機でした、道内では追分機関区に集中的に配置されたと思いますがまさかのギースル装備車とは思いもせず。
一時期は解体の噂があったのですが有志の方が保存活動をされていて綺麗な状態です。

保存されている場所は歩道からすぐ近くで、この時は17-40mmを使って撮ってましたが、かなりの広角レンズでないと撮影するのは厳しいです。
撮影データーを見るとカマに寄った状態でも17mmでの撮影でした。

調べていくとこのカマは追分配置だと思っていましたが旭川が最終配置とのこと、非常に綺麗なカマで煙突が特徴的なギースル・エジェクター機ですが北海道内にはD51-953のみ唯一一両のみの保存だそうです。
  1. 2015/04/08(水) 19:11:25|
  2. 保存車両
  3. | コメント:0

三菱大夕張鉄道保存会「汽車フェスタ」前夜祭

先ほどですが夕張まで行ってきました。
明日から三菱大夕張鉄道保存会の「汽車フェスタ」が行われるのに合わせて前日の夜に前夜祭が行われました。
旧「大夕張駅」に保存されている車両達の室内灯やヘッドライトを点灯して雰囲気はとても良く、ずーっとシャッターを切っていました。
_MG_4019.jpg
【2014-9-6 三菱大夕張鉄道保存会 旧「南大夕張駅」】
鉄道車両以外にも当時活躍していたバスでしょうか?三菱ふそうの旧型モデルが動態保存されており実際にエンジンが稼働する状態となっていました。
まだ大夕張鉄道が現役だった頃の時代にタイムスリップしたかのような光景が印象的でした。
_MG_4059.jpg
【2014-9-6 三菱大夕張鉄道保存会 旧「南大夕張駅」】
前夜祭の時間は18-19時と一時間ほどでしたが撮影している人は10人に満たない人数でしたが
ほんといいものを撮影出来て満足して帰ってきました。

明日はメインである「汽車フェスタ」が10-15時に行われるので興味のある方は貴重な車両達が残る夕張に行ってみてください。

三菱大夕張鉄道保存会website=http://www.ooyubari-rps.net/
  1. 2014/09/06(土) 22:31:08|
  2. 保存車両
  3. | コメント:1

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カウンター

プロフィール

Author:ぞら
網走市生まれ、札幌市在住
小学生の頃から苗穂で撮り続けています。

【カメラ】
EOS7D(メイン)
EOS40D(サブ/予備機)

【レンズ】
Canon EF17-40mm f4L
Canon EF24-105mm f4L IS USM
Canon EF70-200mm f2.8L
Canon エクステンダー×1.4

当ブログに掲載されている画像等の無断転載・二次使用等はご遠慮下さい

最近の記事

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

バロメーター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

QRコード

QR