naebo photo blog

北海道の鉄道車両を中心に日々撮影したものを紹介するブログです。

あれ?

先週、SLニセコの撮影に行ってきましたが美幌の友人に誘われて2週連続で撮影に行ってきました。
「はまなす」から撮影を始め、苗穂工場の出区から一日中SLの追っかけ

一発目はDL区間で狙おうかと考えたんですが、混み具合を考えて早めにオタモイへ到着
あの、思ったより少ないんですが…
予想を下回る人数で先週のあの激パはなんだったのでしょう?!
今までは望遠のみを使って撮っていましたが違う撮り方も必要だよなーということで広角で撮ってみました。

通過後はすぐに追っかけ開始、国道オーバークロスは追いついたものの、場所の余裕がないと判断し通過
「小沢発車を前から撮ってみたい」ということで小沢に向かったのでした。
ここ小沢では普通列車の交換と同時に、勾配が控えているので蒸気圧を上げて峠を登って行きます。
となれば煙は結構出るんだろうなと思っていると
_MG_6326_20140929140226b69.jpg
【2014-9-27 小沢-倶知安 SLニセコ号】
あれ?ぜんぜん煙出てないんですけど…先週の爆煙はどうしたのかと思うほどでカマの調子でも悪いのかなと思わせる感じでした。
久しぶりに小沢発車を撮りましたがこんなに煙が少ないのも初めてでした。
スポンサーサイト
  1. 2014/09/29(月) 19:01:38|
  2. SLニセコ号
  3. | コメント:0

DE15+チキ+ホキ+ホキ+ホキ+チキ

_MG_5910.jpg
【2014-9-23 岩見沢-峰延】
毎年行われる乗務員養成のためのハンドル訓練、春先に宗谷・石北方面に撮影へ行きましたが
今回は岩見沢-滝川間に設定されている訓練運転を撮りに行ってきました。
編成の位置を分かりやすくするためか凸凹編成で組成されるのが特徴です。

昨日撮ったのはチキの間にホキを3両を挟んだ編成、以前は散水車に使われたタキを中間にされた編成なんてありましたが
こちらは撮ったことがないというか、岩見沢運転所のハンドル訓練の撮影は今回が実質初めて
ポジで撮ったかも記憶が曖昧なんでやっとまともに撮れた感じです。

_MG_5973.jpg
【2014-9-23 岩見沢-峰延】
復路は峰延駅から近くで撮影、広角で撮ってみました。
先頭に光線は回っていませんが朝方と違い少し雲が出てきて薄曇りですが、かえってそれが光線が柔らかくなってきて
どぎつい反逆光にならなかったのは良かったですね。
これを撮って帰宅し、日が暮れた19時過ぎには再び苗穂駅でSLニセコの回送を撮っていました。
  1. 2014/09/24(水) 19:58:37|
  2. 訓練運転
  3. | コメント:0

SLニセコ運転開始二日目

昨日から運転開始されたSLニセコですが二日目となる今日、友達数人と撮影に行ってきました。
天気は快晴、DE15先頭を南小樽で撮影しオタモイに移動、予想を超える人が来ていてビックリ。

クルマも多い事から次は然別の国道オーバークロスに行こうと思っていたんですがここは敢えて通過しワイスに転戦
ここもかなりの人手でしたが脚立を持っていたので先客がいるところをクリア
爆煙かつゆっくりとした速度で通過していきました。
_MG_5693.jpg
【2014-9-21 SLニセコ号 小沢-倶知安】
羊蹄も出てるしニセコ大橋でも思いましたがニセコ町内でマラソンをやっていて交通規制があると聞いて予定を変更
倶知安の俯瞰ポイントに行って追っかけは終了
みんなで昼ご飯を食べて一旦倶知安駅に行ってSL編成の撮影、返しは友達が乗るバスの時間があるのでそのまま帰路へ…
バスターミナルまで送り届け残った数人で夜ご飯を食べて苗穂駅へ移動
_MG_5779.jpg
【2014-9-21 苗穂駅】
昨日知ったのですが今までだと直接入区していたのが一旦苗穂7番線で機回しをした後に引き上げ線へ
そこから入区となっているようです。
数10分のことではありますが撮影する時間がありちょっとした夜汽車の雰囲気を撮影する事が出来るようになっています。

今日はDE15が切り離された後に乗務員の方がライトを点灯させてくれるというサービスをして頂きただただ感謝ですね。
札幌駅到着後は数分ほどで回送されてくるので、これだけでも撮りに来る価値があるのでオススメです。
  1. 2014/09/21(日) 21:54:28|
  2. SLニセコ号
  3. | コメント:0

SLニセコ&苗穂公開

いよいよ今日からSLニセコの運転日となりました。
出庫から撮影しようと向かいましたが今回から今までとは違う入れ換え方法に変わりました、昨年までは扇形庫から転車台を使って出ていましたが苗穂工場からの入換えに変わってます。

苗穂工場は6:20分頃に207号機が出てきて試運転線に移動、そのあとDE15に連結されて苗穂運転所に転線し客車と連結という手順になっています。
扇形庫からの出庫はありませんので明日から入換え~出区までを撮影しようとする方ご注意ください。
_MG_5155.jpg
【2014-9-20 苗穂工場】

SLニセコの出区を撮影し一旦帰宅、時間が近くなったので2年振りとなる苗穂公開に行ってきました。
9時前に着いてしまいましたが時間になっても空かない…なんで?と思ってたら9時半からでした^^;
_MG_5346.jpg
【2014-9-20 苗穂工場公開】
10時になるとJR貨物苗穂車両所となる建物でクレーン吊上げをするというので見学
今まではこういうイベントはあまり気にせず撮影はあまりしなかったのですが、時間が近かかったので見学することが出来ました。
今回特徴的だったのがDF200の入場が4両もいたこと、ほんとDF200だらけになったのと同じ建物には青釜が車体をばらされて置かれていました。
一通り見て昼ご飯を食べてさあ帰ろうとしたら雨が降ってきてしばらくは建物で避難

降りやんだ時には14時近くになっていて結局終わりごろまでいてしまい、撮るもの撮ったら帰るつもりだったんですが雨で予定が狂ってしまいました。
  1. 2014/09/20(土) 19:37:46|
  2. SLニセコ号
  3. | コメント:0

明日から

ラストとなる「SLニセコ」の明日から運転が始まります。
小樽駅では出発セレモニーなどが行われるようです、同じ日ですが苗穂工場の公開も行われるのでイベントが重なる日ですね。
_MG_1625.jpg
【2011-11-3 216.6kp 然別-銀山】
そういえば216.6kpはこの写真以来行ってない気がします。この場所は216.3kpの手前にあるのでどちらか迷うこともありますがここのポイントとしては白樺バックで撮れること。
写真は敢えて白樺無視で撮っていますが様々な撮り方が出来る反面、人気の場所でもあるので明日からはまた人がたくさん来そうです。

そうそうクルマがやっと戻ってきました、原因がイグニッションコイルみたいで腐食があったとのこと
小さな部品ですが振り回されてしまいました。
エンジン始動の不安は消えたのですが今度はブーストが0.2kgしか掛からないのでいま遅いです(笑)
普通に走る分には問題なしですが踏むと伸びないんですよね…次はこれを直さないととまともに走りません
そんなエボも12万kmも走っているクルマなのでいろいろとマイナートラブルが続いています。
  1. 2014/09/19(金) 19:04:34|
  2. SLニセコ号
  3. | コメント:0

幻のSLニセコ

SLニセコは北海道鉄道140周年の記念の目玉として復元が進められていましたが運転を開始するのが2000年10月から
それに先立ちプレSLニセコとして4月から運転される予定でした。
幸いなことに試運転情報を聞いていたので3/26だったと思いますが撮影することが出来ました。
sl-niseko2001_0008.jpg
【2000-3-26 然別-銀山】
試運転のみ3日間のみ行われただけでしたが山線にSLが帰ってきた瞬間でした。
14系すずらん編成を使ったSLニセコは後にありましたが、この時はヨが編成の中に入っていました。
この時は珍しく三脚を使っていたような使っていなかったような…

niseko2000-3-27-1.jpg
【2000-3-27 小樽駅】
高校生だったので連続して銀山方面に行けるわけもなく仕方なく小樽駅で撮ったのがこの一枚です。
どんな形であれ撮っておいて良かったという写真になってしまいました。
これを撮る前には小樽築港でDE15先頭の回送も撮っています。

でもやっぱ返しも撮りたい思い適当に暇つぶしをしたあと塩谷に行くことに決め普通列車に乗ります。
3月とは言え雪がまだある中で寒く時間になるまで駅舎の中で過ごしていたと思います。
niseko2000-3-27-2.jpg
【2000-3-26 塩谷-小樽】
実はこの時、大成の男さんと一緒に撮影していたんですね。
通過時間になって現れたのはなぜかDE15先頭、後に伺うと小樽駅のダイヤの関係で機回しする時間が確保出来なかったためDE15が先頭でそのまま苗穂に回送されたようです。

さすがに3日目までは行けませんでした。
後に有珠山の火山活動が活発になり室蘭本線がストップ、全ての特急が迂回運転することが決定、結局営業運転を行われることはなく運転中止となってしまいました。

後に幻の「SLニセコ」と呼ばれるようになりましたが、C11による「SLニセコ」は、すべてはここから始まったと言えるかもしれません。
  1. 2014/09/18(木) 18:33:31|
  2. SLニセコ号
  3. | コメント:0

逆向き運転

niseko2002-9-13-1.jpg
【2002-9-13 倶知安-小沢】
SLニセコが運転開始されてから数年は平日運転もあり今よりも運転本数が多く走っていました。
年に数回の頻度で逆向き運転も行われており、当時はまだ学生ということもあり確かまだ夏休みだったので何回か撮影することが出来ました。

羊蹄山の上空は雲で隠れてしまっていますが逆向きならココと思い北四線踏切で撮影したのでした。
いつの頃からか逆向き運転もしなくなってしました、逆向きは運転乗務する人にとっては負担が結構あると聞いたような…

しかし酷い写真だこと(笑)
  1. 2014/09/17(水) 19:27:20|
  2. SLニセコ号
  3. | コメント:0

ラスト

SL冬の湿原号を除いたSL列車の休止が発表され9/20からは最後となる「SLニセコ」の運転が始まります。
他のSL列車よりも思い入れがたくさんある「SLニセコ」
2000年の運転開始日は高校生で学校をサボって撮影に行ったのがいい思い出です。

天気は残念ながら雨でしたが銀山駅から徒歩40分ほど歩いて216.3kmまで歩いたのはほんといい思い出になっています。
高校を卒業してからは免許を取得し活動範囲も増えたので、運転シーズンにはよく撮影には行きました。
niseko2002-11-3-1.jpg
【2002-11-3 倶知安-小沢 SLニセコ団体列車】
いろいろと思い出はありますがその中の一つ、雪景色の「SLニセコ」を外すことは出来ません。
2002年のことでしたが本運転は終えてはいましたが団体列車として走っており、撮影する機会がありました。

団体客を乗せるのは倶知安からだったのでそれを考慮して逆向き運転
撮影したのは200kmポストから小沢寄りの場所ですがなのは確かなのですがよく覚えていません。
C62ニセコの時代でこの場所は結構有名だったとか…

よくよく考えると雪のSLニセコって今から11年半も前なんですよね。
ポジを確認してみると他には11/16にも走ってるようで更に雪深くなっています。
雪の中を走ったのはSLニセコが運転され14年目に今年はなりますが数えるほどしかありませんでした。

あと4日でラストシーズンとなる「SLニセコ」の運転が開始されますが、何だか寂しくもなるような気がします。
  1. 2014/09/16(火) 20:16:04|
  2. SLニセコ号
  3. | コメント:0

6両運用

昼の運用は3両が当たり前でしたが、札沼線が電化開業してから昼間でも6両で運用されている列車が生まれました
現在では常時6両の運用が1本がありますが、8月のダイヤ改正からその運用が増え、時間帯によりますがその運用にエアポート編成が入ることもあり、函館本線にエアポート編成は違和感を感じます。

それだけ需要が増えてるってことなんでしょうねー
何回見ても昼間に6両は慣れませんが、朝・夕にしか見れなかったのが関係なく走っているのでそれだけ撮影する機会が増えたってことです。
_MG_4909_201409152009317c8.jpg
【2014-9-15 3184M 白石-苗穂】
721・731・733・735は共通運用なので日によって車種は異なりますが今日の編成は733+731の6両でした。

そして先月ではありますが夕張川鉄橋でエアポート編成が区間快速に入っているシーンを撮ることが出来ました。
元々は6両の運用ですが時折、エアポート編成が入ることがあったので撮影する機会に恵まれました。
_MG_2975.jpg
【2014-8-27 3244M 豊幌-江別】
711系の運用が減り撮るものが減ってしまいましたが、こういう記録も面白いかもしれませんね。
  1. 2014/09/15(月) 20:30:56|
  2. 車両
  3. | コメント:0

最強気動車

日に日に秋が深まる感じで今日は外の出たら思ったより寒くてびっくり
半袖なら肌寒いと感じる一日でした。

正午近くに苗穂ストレートに行って撮影していましたが函館本線メイン、待っていた列車は予想時間になって来なかったので諦めて一旦帰宅することにしました。
_MG_4781.jpg
【2014-9-14 白石-苗穂】
その列車を待っている間に来たものですがキハ261系のベースとなったキハ201系です。
札沼線から撤退した今は電化区間がメインでその性能を生かした運用のほうが少なくなってしまいました。
しかしその高性能が功を奏したのか電車と変わらぬ運用を日々こなして走り続けています。
  1. 2014/09/14(日) 20:08:29|
  2. 苗穂ストレート
  3. | コメント:0

B寒地仕様

北海道では聞きなれないB寒地仕様ですが、現在その車両が苗穂工場に入場中
今日は鉄道技術館開放日で撮影出来る位置に留置されていることが分かったので撮影してきました。

ご存じ元JR東日本 宇都宮運転所所属の1125・1129号機がJR貨物に売却され苗穂車両所に入場していますが
今回撮影出来たのは1125号機のほうです。
北海道には基本的にA寒地仕様の旋回窓しかいませんが、B寒地仕様はワイパーが装備なことが特徴的です。
他に外観上だとどこが違うんでしょうか?ワイパーくらいしか分かりません(笑)
_MG_4702.jpg
【2014-9-13 苗穂工場 DE10-1125】
_MG_4700.jpg
【2014-9-13 苗穂工場 DE10-1125】
キャブを中心に撮ってみました。
北海道にいるカマは環境が厳しいどれも薄汚れているイメージがありますが、本州からきたカマだけあって状態は凄くいいですね
_MG_4695.jpg
【2014-9-13 苗穂工場 DE10-1125】
長く入場していた割には特に綺麗になっているようには見えないのがちょっとした疑問ですが
これが札タで活躍する姿を見れるのはそう遠くないかもしれないですね。
  1. 2014/09/13(土) 17:13:27|
  2. 苗穂工場
  3. | コメント:0

朝練

珍しく朝練なんて言葉を使っていますが早起きしてSL回送を撮ってきました。
苗穂到着時刻が5時前ということもあり日の出前なので走行写真を諦め、苗穂駅7番から引き上げ線に入るシーンをバルブ撮影することに変更
SLニセコ運転に向けた回送ですが、今まで一枚も撮っていなかったことや運転が終わってしまうこともあって
早起きして行く価値はありました。
_MG_4389.jpg
【2014-9-10 苗穂駅引き上げ線】
カマはお馴染みDE15-1520号機、その後ろに207号機に機材運搬用のチキ6166、最後に旧客4両という組成
残念なのは207号機に電柱のワイヤーが掛かってしまってるんですね。

撮影していたのは以外にも自分一人でこのシーンを一人占め出来たのもいい思い出になるかもしれません。
SLニセコの運転は9/20からですが、私が高校生の頃から毎年欠かさず撮影に行っていた列車が無くなるのもほんと残念です。
  1. 2014/09/10(水) 19:23:46|
  2. ネタもの
  3. | コメント:0

輝く稲穂

昨日に続いて今日も友人を誘って「汽車フェスタ」に行ってきました。
自分の愛車で…と言いたいところですが前から続いていた不調が悪化して、エンジンが掛からなくなってしまいました。
たぶんクランク角センサーではないかと疑っています、土日に石北遠征を予定していたんですが、それらの事情があり断念する結果となってしまいました。

友人のクルマに乗せてもらって現地に向かいましたが、つい最近気づいたこと
私が高校生の頃に知り合った年上の友人が実は「三菱大夕張保存会」のメンバーなのを最近気づきました。
そりゃあ何かイベントあるごとに会うはずだなと(笑)

その人はC56-139号機が保存会である「横浜ポニークラブ」の代表でもあるので、保存車両に掛ける熱意はほんと凄いですね。
過去、首都圏に行ったときにまだオープンになっていない時ですが、活動に参加させてもらったこともあり、その時はプレート磨きをやったような気がします。
まだ私が20代前半だったので10年以上前の話です。
_MG_4285.jpg
【2014-9-7 追分-西早来(信) 4008D】
汽車フェスタを見終わったあとはシューパロダムに行ったり、沈みゆく森林鉄道の鉄橋を撮りに行ったりしたあとは
石勝線の撮影に転戦、午後の遅い時間でしたが5本も撮影する事が出来ました。

最後に撮ったのが追分築堤でのスーパーおおぞら
本当は稲穂をもっと入れたかったんですが、手前には大きな影が落ちていたので空を大きく入れてみましたがどんより曇っているのが残念
でも数分前から晴れ始めて車体には光線が当たってるから良しとしますかね。
  1. 2014/09/07(日) 20:00:34|
  2. キハ283系
  3. | コメント:0

三菱大夕張鉄道保存会「汽車フェスタ」前夜祭

先ほどですが夕張まで行ってきました。
明日から三菱大夕張鉄道保存会の「汽車フェスタ」が行われるのに合わせて前日の夜に前夜祭が行われました。
旧「大夕張駅」に保存されている車両達の室内灯やヘッドライトを点灯して雰囲気はとても良く、ずーっとシャッターを切っていました。
_MG_4019.jpg
【2014-9-6 三菱大夕張鉄道保存会 旧「南大夕張駅」】
鉄道車両以外にも当時活躍していたバスでしょうか?三菱ふそうの旧型モデルが動態保存されており実際にエンジンが稼働する状態となっていました。
まだ大夕張鉄道が現役だった頃の時代にタイムスリップしたかのような光景が印象的でした。
_MG_4059.jpg
【2014-9-6 三菱大夕張鉄道保存会 旧「南大夕張駅」】
前夜祭の時間は18-19時と一時間ほどでしたが撮影している人は10人に満たない人数でしたが
ほんといいものを撮影出来て満足して帰ってきました。

明日はメインである「汽車フェスタ」が10-15時に行われるので興味のある方は貴重な車両達が残る夕張に行ってみてください。

三菱大夕張鉄道保存会website=http://www.ooyubari-rps.net/
  1. 2014/09/06(土) 22:31:08|
  2. 保存車両
  3. | コメント:1

カレンダー

08 | 2014/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

カウンター

プロフィール

Author:ぞら
網走市生まれ、札幌市在住
小学生の頃から苗穂で撮り続けています。

【カメラ】
EOS7D(メイン)
EOS40D(サブ/予備機)

【レンズ】
Canon EF17-40mm f4L
Canon EF24-105mm f4L IS USM
Canon EF70-200mm f2.8L
Canon エクステンダー×1.4

当ブログに掲載されている画像等の無断転載・二次使用等はご遠慮下さい

最近の記事

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

バロメーター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

QRコード

QR