naebo photo blog

北海道の鉄道車両を中心に日々撮影したものを紹介するブログです。

留萌線の去就

今朝の朝刊を見てると留萌線来秋廃止の意向の記事でびっくり、結論はまだ先だろうと思っていたら予想よりも早く進んでいるようです。
留萌線と言えばSLすずらん号が走っていたころは年に数回行っていましたが、走らなくなってからは撮影にも行ってないと思います。
SLの写真ばかりですが一応撮って入るんですよね。
suzuran2006-9-10-1.jpg
【2006-9-10 大和田-藤山】
「SLすずらん号」最終日だったと思います、あいにくの天気でポジで撮影するのには非常に厳しい日でした。
牽引は207号機でかつ逆向き、旧客を使って最後を走っています。
撮影したには大和田駅から数分のところにある踏切から、これより前にここで撮影したことあっていい場所だと思いこの日も追っかけをしてて寄ったポイントでした。

日付を見て思ったのがSLすずらん号が廃止?休止?されてから9年も経つんですよね、もうそんな時間が経っていたと思うと月日の流れはやはり早いものだなと…

そうそう当時常用していたポジはベルビア100Fでしたが、この時は撮りすぎてしまい予備のフィルムがなかったので偶然にも駅で会った知り合いにコダクロームのポジを格安で譲ってもらい使っていました。
ベルビアはメリハリがある色やコントラストでしたが、コダクロームはとても柔らかい色をしていて独特なのが印象的でした。
スポンサーサイト
  1. 2015/07/28(火) 20:03:51|
  2. SLすずらん号
  3. | コメント:0

十勝での撮影

日曜日は天気が悪いなか十勝方面に撮影へ行ってきました。
狙いは他の列車でしたが気動車特急も合間を見ながら撮影、まずは大成のオーバークロスでスーパーおおぞら1号を待ちます。
_MG_5522.jpg
【2015-7-26 芽室-大成】
芽室駅を発車し加速しながら大成のカーブを走り抜けていきました。
雨も降る天気だったので露出が厳しい日でしたが久しぶりの十勝での撮影もたまにはいいものですね。

晴れには恵まれませんでしたが、それはまた改めて訪れたいと思います。
  1. 2015/07/27(月) 19:19:27|
  2. キハ283系
  3. | コメント:2

札幌運転所にて「はまなす」

今でこそ車両基地の見学など到底出来るものではないですが、私がまだ高校生くらいまで見学することが可能でした。
再掲の写真ではありますが改めてご紹介したいと思います。
その時は「札幌運転所に1週間くらい前に電話して予約をすれば見学可能」という話を真に受けて実行しちゃったんですね。
本当に電話をするとまさかの見学OKとのこと、同じ中学の奴も誘って二人で見学してきました。
dd51-1999-5-1.jpg
【1999-5-1 札幌運転所にて】
入り口がある稲穂駅を表とするとコチラは裏側といった感じで、いつも「はまなす」が留置されている場所と言えばお分かりでしょう。
一通り見学や撮影をさせてもらってこの場所に案内されました、増結されてフル12両編成、ドラえもん海底列車のラッピングをされているのが見にくいですがちょっと写っています。
確かこのあとは北斗星の車内を見学させてもらったりととても丁寧に案内させて頂きました。

しかし当時はポジでの撮影、今のようにシャッターを切れないのと学生でお金がないというのでDD51が重連で並んでるシーンなど撮っていないんですよね。
しかも中学生の時は興味本位でポジに手を出すもオートで撮影していたので酷い写真ばかり、この「はまなす」の写真はまだいいほうでした。

来年3月には北海道新幹線の開業が決まっていますが、「はまなす」の去就は今のところ特になしさてどうなるんでしょうか…
  1. 2015/07/24(金) 20:07:24|
  2. 急行はまなす
  3. | コメント:2

ノロッコ号

目的のフラノラベンダーEXPを撮影後は富良野線に移動し時間も近かったのでノロッコ号の撮影をしていました。
富良野らしさを求めればファーム富田からの俯瞰ということになりますが、大渋滞していたのでそれはパスをしていろいろと思い入れがあるラベンダー畑近くで撮影していました。
_MG_5244.jpg
【2015-7-19 西中-ラベンダー畑】
確かBBQカーが連結されてたような…と思ったらやはり連結されていました。
通常より3-4分遅れて通過していきましたがラベンダー畑駅で乗り降りする人がかなり多く時間が掛かっているほどでした。
こんなに人が多いのは初めて見ました、ファーム富田の創業者が亡くなった影響もあるのでしょうか?!
十勝岳が隠れてしまいましたがとても綺麗な風景を中を走り抜けて行きました。

norokko1999-6-13_0001_20150721200054b42.jpg
【1999-6-13 西中-ラベンダー畑】
上記で綴った思い入れとは高校生の時に列車を乗り継いでノロッコ号にSLが初めて連結されるのを撮りに行ったことがありました。
当時の富良野ノロッコ号は客車2両のみ、釧路ノロッコも3両で増結用にもう1両が増えたときで、SLが連結される影響を考慮してか釧路ノロッコ増結用を借りてきて混色編成で運用されていました。

先日撮ったのから比べるとカマと塗装が変更されていること、屋根上にベンチレーターが取り付けされている点など細かい部分も変わっているのが分かります。

今から16年前の思い出話でした。
  1. 2015/07/21(火) 20:16:09|
  2. 客車
  3. | コメント:0

フラノラベンダーエクスプレス代走

_MG_5341.jpg
【2015-7-19 フラノラベンダーエクスプレス4号 芦別-平岸】
予告されて代走ですが乗客増に対応してフラノラベンダーエクスプレス1・4号がこの3連休に一般車+旭山4両の5両で代走されました。
9月まで運転予定がない「旭山動物園号」に白羽の矢が立ったのでしょう、報道によると新幹線準備の関係で運転する人が足りないとか…

今回特徴的なのは車両不足時に見られたものとは違いキハ183-4にはシールだと思いますが特製のマークを取り付けて運転されました。
さすがに旭山動物園号のマークを掲出していたら混乱の原因になりそうです。
ちなみに反対側のキハ183-220は臨時の表示でした。

  1. 2015/07/20(月) 17:27:44|
  2. 代走
  3. | コメント:0

6000番台

特急型のお座敷車として走っていたキハ183系の6000番台ですが昨年度に中間車であるキハ182-6001が廃車となり解体となりました。
現在残っているのは先頭車のみですがキハ183-6001は内装もそのままにHET色に塗装変更
キハ183-6101は塗装はそのままに方向転換され苗穂方を向いています。
DPP_0185.jpg
【2007-9-2 苗穂-白石】
2007年に撮影した一枚ですが3両フル編成で運転されていたときのものです。
当時の鉄道ファンの運転予定表に掲載されているので恐らくそれを元に撮影に行ったと思います。
札幌から回8043Dとして走り帯広に回送されています、翌日の運転に備えた回送のようです。

この頃の運転予定を見ると様々な区間で多岐に渡り使用されていたのが伺えます。
苗穂運転所に転属してからはあまり運転がなかったような…

塗装がHET色に戻された-6001は安泰だと思いますが塗装がお座敷色となったままの-6101の動向が気になるところです。
  1. 2015/07/14(火) 20:52:19|
  2. キハ183系
  3. | コメント:0

新たな撮影スポット

7/1特別養護老人ホーム「ラスール苗穂」がオープンしました、新聞報道でもあったように全国的には珍しく屋上を撮影スポットとして一般開放しています。
やはり気になる場所ということで昨日訪れてみました、受付を済まして4Fに案内されると屋上へ出ることが出来ます。
_MG_4943.jpg
【2015-7-12 苗穂-白石】
まずは苗穂方から撮影してみました、何枚か撮ってみた感想はというと高さがあるためか架線柱と架線が掛かってしまいます。
特に車両アップにして撮ると目立つので北斗が通過時には周りの建物を入れてなるべく目立たないようにしてみました。
それでも先頭車の部分に架線が掛かってしまっています。

そして岩田建設横の撮影地は写真にも写っているのですがボックスが出来てしまって綺麗に撮影することが出来なくなってしまいました。

続いて白石方
_MG_4951.jpg
【2015-7-12 苗穂-白石】
苗穂方と比べてクリアに撮れますが長い編成を撮るとしたらラスール苗穂の建物が入ってしまうというのと、駐車場に止まっているクルマが写ってしまうという欠点があります。
気にしないというのならばOKですが、それらを配慮して撮るなら5両が限界かもしれません。

あとは撮り方の工夫次第としか言いようがないですが、写真をみて判断頂ければなと思います。
レンズは広角系の方が撮りやすいと思います。
気になる方はぜひ一度訪れてみてはいかがでしょうか?
  1. 2015/07/12(日) 16:46:16|
  2. 苗穂ストレート
  3. | コメント:0

カシオペアクルーズ

7/5は久々にブルトレ2本が同日に走る日でした、先に北斗星が札幌を目指しそのあとにカシオペアがクルーズ列車として通常とは違うダイヤで走りました。
どうやら修学旅行臨とほぼ同じダイヤで走ったそうですが違う点としては函館で3時間の停車があったとのこと
その時間を利用して海峡線の撮影から大きく距離を移動し稀府に移動
_MG_4855.jpg
【2015-7-5 北舟岡-稀府】
光線を考えると北舟岡か稀府と考えて後者を選択、天候も非常によく有珠山をバックにして通過していきました。
新幹線が開通すると同時に走行は出来ないとのことですので、こんな真昼間に走るカシオペアを撮れるのはこれで最後かもしれません。
ちなみに昨年も海峡線で撮影していますが、その時と違うのは編成の向き、今回は正規の向きで来ているので特に変わった点はありませんでした。

一日中こんな天気で晴天に恵まれた日でした。
  1. 2015/07/09(木) 19:05:25|
  2. カシオペア
  3. | コメント:0

圧巻の一言

_MG_4762.jpg
【2015-7-4 北海道新幹線 新函館北斗-木古内】
海峡を撮影後は地元の方に新幹線の撮影地を案内してもらいました、3か所ほど行きましたが最初に行った場所をご紹介したいと思います。
ここは木古内からそんなに離れていない場所になります、入り方は少々複雑なのがよく覚えていません(笑)
ナビに登録はしたのですが地図上ですら道路がない状況なので完成してそんな時間が経ってない場所かもしれません。

全てが新しくもうただ「凄い」という言葉に尽きると思います、ここに来年3月になると新幹線が走ってるんですよね。
一年もないですが大きな転換点に差し掛かっているのは間違いないでしょう。
  1. 2015/07/07(火) 19:46:56|
  2. 北海道新幹線
  3. | コメント:0

復活「海峡号」

_MG_4696.jpg
【2015-7-4 釜谷-渡島当別】
土曜日にかつて青森-函館間を走ってた快速「海峡」の復活運転がありました、行かれた方が多かったのではないでしょうか。
多くの人出があったので釜谷一か所のみの撮影でしたがとても満足するものを撮影する事が出来ました。

札幌運転所の14系8両(3両は締め切り)が「はまなす」の間合いでの運転でしたが、現役時代にあった運用なのでこれも再現されといった感じでしょうか。
当時は函館にも14系が配置されており、この「はまなす」間合い運用の他にも14系を使用した「海峡」が走っていて50系と14系の2車種が運用される列車でした。

釜谷での撮影でしたが巡回に来た保線の人たちも「気を付けてねー」と注意を喚起する程度でとても雰囲気が良く、何だかとてもいい時間が流れていました。

海峡の撮影が終わったあとは現地の方に新幹線が通る部分を案内してもらい、そのあとは函館の友人と合流
一緒にご飯を食べに行ったり温泉に行ったり「疲れてるんだから泊まってけ」と言われたので言葉に甘え友人宅に一泊したのでした。
  1. 2015/07/06(月) 19:02:16|
  2. リバイバル列車
  3. | コメント:0

カレンダー

06 | 2015/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

カウンター

プロフィール

Author:ぞら
網走市生まれ、札幌市在住
小学生の頃から苗穂で撮り続けています。

【カメラ】
EOS7D(メイン)
EOS40D(サブ/予備機)

【レンズ】
Canon EF17-40mm f4L
Canon EF24-105mm f4L IS USM
Canon EF70-200mm f2.8L
Canon エクステンダー×1.4

当ブログに掲載されている画像等の無断転載・二次使用等はご遠慮下さい

最近の記事

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

バロメーター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

QRコード

QR