naebo photo blog

北海道の鉄道車両を中心に日々撮影したものを紹介するブログです。

3年前の今日

11月も終わり明日から12月になり師走に突入です、早いものですね~
さて今日ですが3年前の今日に撮った写真を選んでみました、写真を見てお分かりの通り711系旧塗装6両です。
初めて実現したシーンのものですが、旧塗装同士が連結して運用に入ってるというのを聞いて運用を調べて撮りに行ったのがこの一枚です。
_MG_6864_20151130205507b08.jpg
【2012-11-30 144M 白石-苗穂】
約一ヶ月コンビを組む運用に入ってたのですが12/30の144Mに入るはずだったS114が故障により離脱
6両運転が基本の144Mが3両で運転された珍しい日でもありました。
撮影したこの場所も苗穂駅移転の影響か、大きなボックスが設置されてしまいこのように撮影することが出来なくなってしまいました。
たった3年前の写真ですが少しづつ変化していってます。

スポンサーサイト
  1. 2015/11/30(月) 21:07:59|
  2. 711系
  3. | コメント:0

ウィンターシーズン「カシオペア」

_MG_2042.jpg
【2015-11-28 島松-北広島】
いよいよ雪も降り始め雪景色となる一方です、最後の寝台特急となってしまったカシオペアは最後の冬となりますね。
昨日は北広島まで撮影に行って来たと前回の日記で綴りましたが今日はその写真です。
人気の場所なだけに先客が4名ほどだったのでベストアングルの場所は無理という事で、邪魔にならない位置で脚立を使っての撮影です。

気づけば廃止されるまであと4か月、でも撮影出来るのは休みの日だけなのであと何回撮影出来るかは分かりませんが
運転日である一日がとても大事になってきます。
いまは雪が中途半端な状態なのでもう少し多くなってきたらまた遠征でも考えています。
  1. 2015/11/29(日) 16:04:57|
  2. カシオペア
  3. | コメント:0

リゾート列車第二弾

今日は土曜日、カシオペア運転日なので北広島まで行って撮影してきました、現地に到着したら既に先客がいたので支障にならない位置で撮影、少し遅れて通過していきました。
場所を移動してスーパーとかちを撮影しましたが全車HET261の入った新たに増備された編成でした。

午後になるとどうやらフラノEXPが解体されてるらしいということで、技術館公開日というこもとあり行ってきました。
解体線に行ってみると見るも無残に車体の解体は全て完了済み、トラックに積むために細かく切断している最中でした。

_MG_2091.jpg
【2015-11-28 苗穂工場鉄道技術館】
車体下部に入った青帯で何とかフラノEXPと判別できる程度。
ブルーリボン賞を受賞しリゾート車の中では人気のある車両でしたが引退後は滝川の車庫で10数年も放置?保管されたうえで他の3両は解体され、唯一残ったこの車両が数年放置されていましたがこれで全車が姿を消す結果となってしまいました。
トマサホは去年解体済みで今回のフラノEXP、第一弾としてデビューしたアルコンのみが千歳の農場と、鉄道技術館でカットモデルとして残っているだけになりました。

_MG_2087_20151128171530650.jpg
【2015-11-28 苗穂工場鉄道技術館】
そしてもう一枚、運用を離脱して苗穂工場に留置されていたED79-9.18も一緒に解体されていました。
陣屋町での解体は同じ業者が行っているので、そちらが終わったので残っていたこの3両の解体が始まったかもしれません。

こんなに早く手を付けるとは思わなかったので見事に予想は外れましたが、10月下旬に訪れていてまだ車体が残っている姿を撮れたのは良かったなと今になって思います。
無残な姿ではありますが記録という面で見ればこういうシーンも一枚一枚残したいと個人的に思っています。
  1. 2015/11/28(土) 17:36:07|
  2. 苗穂工場
  3. | コメント:0

たまねぎ積載8074レ

三連休初日、小清水行った後は北見に戻り宿のチェックインを終えたあと北見駅へ向かいました。
石北貨物は8071レは空荷に近く、8074レはこの列車の名称である「たまねぎ」列車としての本領が発揮され、それを積んで走ることになります。
ただ今の時期では走行写真を撮ることが出来ないので駅でバルブ撮影するしかありません。
_MG_1785.jpg
【2015-11-21 8074レ 北見駅】
北見駅で8074レを撮るのは昨年最後のDD51運用日となって以来、その時は4月という事もあり今よりも明るかったのですが手持ちで撮影するには厳しいので同じくバルブ撮影でした。
機関車はというと遠軽方は6号機で北見方は101号機、DD51の時と違い毎日運用に入るカマが違うようです。
撮影している時はすごく寒く、翌日は前回の日記の通り起きたら雪景色でした。

そういえば駅にいる時間は終始一人だけでしたがDD時代と比べたら随分と格差があるんだなぁーと思ったのでした。
  1. 2015/11/25(水) 20:09:12|
  2. 石北貨物
  3. | コメント:0

北見へ

11月も下旬に突入しました、3連休となりましたが私は従妹の結婚式に出席するため北見に2泊3日の予定で滞在していました。
式自体は日曜日だったのですが、施設に入ってる祖母のお見舞いも兼ねていたので前日から出発して1日目は小清水まで行き
北見まで戻り宿泊
お見舞いが済めば余裕があるので一度チェックインして今度は北見駅へ、石北貨物8074レをバルブ撮影して撮影は終わり

翌日は午前中だけ時間があるので早起きして留辺蘂カーブへ向かいました、一度到着して時刻表を見ていたら金華行きの普通列車があることが判明
当初はインカーブで撮ろうと思ってたんですが、ナビで確認すると金華駅まで3kmあるかないかくらい
まだ時間に余裕はあるので廃止になる金華駅へ向かう事にしました。
_MG_1835_20151123170249255.jpg
【2015-11-22 金華駅】
深夜に雪が降ったので辺り一面雪景色のなか普通列車が到着、車両はキハ54-501+キハ40-826の2両
訪問者は後から来た方を入れてたった2名で、8時すぎの普通列車でしたが今の段階ではそれほど多いのかは不明
もっとも廃止が正式発表されたら、訪問者は増えるかもしれません。
このあと10分ほどで折り返すので発車を待たずに留辺蘂カーブに戻ります

_MG_1883_20151123193946665.jpg
【2015-11-22 8071レ 金華-西留辺蘂】
山の木々が樹氷となって綺麗に景色が広がる中、ほぼ定刻通り通過していきました。
クルマに戻りモニターで確認して午後には結婚式に出席しなければいけないのでそうゆっくりもしてられないので北見に戻ります。
ふと走らせていると東相内で停車時間が長い事に気づきます。

ということはもう一回撮れるなと思い先回り、北見トンネル手前の歩道橋まで移動、余裕を持って撮影することが出来ました。
とりあえず午前中一杯は大丈夫なので北見駅に向かいます。
ここでは入換を撮るのが目的です、着くと貨物はまだ北見駅のホームに停車中、何分か待つと動き出して引き上げてきます。

DFになって変わった事があるのですが、遠軽方のカマは入換で切り離されて一両だけ別の位置に留置になったんですよね。
地元の友人に聞くと騒音対策でこのような方法に変わったとのこと。

一通り撮影して天気も悪くなってきたので撮影は終わり、宿泊しているホテルに向かいスーツに着替えて披露会場に到着
今回はあくまで時間の合間の撮影でしたが3日間とも石北貨物を撮る時間あったし、年内の石北詣では終わりですかね~

  1. 2015/11/23(月) 17:21:27|
  2. 石北貨物
  3. | コメント:0

習熟運転

_MG_1720.jpg
【2015-11-14 西4丁目-狸小路】
札幌市電の西4丁目-すすきの間のループ化工事が終盤になり乗務員の習熟運転が始まっています。
カシオペアを撮影して一旦帰宅しご飯を食べてから中心街に向かいその模様を撮影してきました。
13時くらいに到着したら走っている様子もなく交通局の警備の方に聞いたみたら、午後は14時くらいから開始だそうです。

適当に撮影して待つこと約1時間、先に246形が現れました、まずはパルコの交差点で撮影して試しに歩いてすすきの方面へ行ってみることに
余裕で追いつきました…信号待ちがあるのでその間に追いついてしまうんですね。
すすきのに到着した列車は中線に入りすぐに折り返してきます、これも歩いて追っかけパルコの交差点に戻った頃でA1200の習熟運転も開始

結局ずーっとこの区間を4往復ほどしてましたが案外抜かすことも出来るので余裕を持って撮影することが出来ます。
写真は習熟運転する車両同士がすれ違う瞬間を撮ることが出来ました、ひたすらこの区間を往復しての試運転が続けられているようです。

ループ化開業は12/20に決まったそうでこの光景を見れるのもあと約一ヶ月ほどで、開業前ならではの光景を見られなくなってしまいます。


  1. 2015/11/18(水) 20:03:07|
  2. 市電
  3. | コメント:0

三年前

釧路所属のホキ12両と運用を離脱していたDD51-1137号が今日、陣屋町に回送されたとのこと、結構な人数の方が撮影に行かれていたようです。
さすがに回送を撮るのは無理なので改めてまた陣屋町を訪れないといけませんね。

ミャンマーの譲渡回送と言えば3年前にあったDC10両の回送を思い出します、3-4回に分けて札タに回送された車両がまとめて10両で回送されしかも当時はまだあった石油貨物8772レでヒムソへと回送されていきました。
_MG_6593.jpg
【2012-11-23 8772レ ミャンマー譲渡回送】
走る日とダイヤは分かったけどさてどこで撮ろう…と考えたのが石上裏であるここ、有名な場所ですよね。
たくさんの人が来るだろうと予想して1時間前に現地入り、既に人がいましたがそれでも余裕を持って位置を確保
通過が近くなると10人以上はいたような気がします。
数分前には吹雪いてきたりがあったのですが通過時には少し晴れ間が出て柔らかく光線が当たりました。

今見てもDF200が旅客車両を牽引してるのを見てると凄い光景だなと思います。
2両のみキハ48が入ってますが残り8両は全てPDC、北海道塗装色10両が連なる姿は迫力がありますね。
  1. 2015/11/17(火) 20:18:35|
  2. 貨物列車
  3. | コメント:0

カシオペアを西の里で

_MG_1609.jpg
【2015-11-14 西の里(信)-上野幌】
土日ともに天気が悪い日となっています、こんな状況なので撮影はほどほどにという程度、今日は撮影には行かず髪を切りに行ってました。
曇っているならばこの場所かなと思ったので昨日はカシオペアを西の里信号場で撮ってきました、過去を振り返ると西の里でカシオペアを撮った記憶がないんですよね。なので最初からここで撮ろうと決めていました。

DF200も同様ですが遠くからエンジンサウンドが聞こえ始めた時から目の前を通過するまで、そのサウンドに聞き入ることも一つの楽しみですね。
写真だとそれを伝えるのは難しいですが、4機のエンジンから排出される排気熱がそれを物語っています。
  1. 2015/11/15(日) 15:14:57|
  2. カシオペア
  3. | コメント:0

北斗星の余韻

北斗星の運転が終了して3ヶ月が経とうとしています、ほとんどは陣屋町に回送され解体、定期運用がある24系は「はまなす」で使用する数両のみで、陣屋以外だと2両のみ苗穂工場に置かれています。
この前行ったときは8両ほどいたのですが土曜日に訪れた時は残り3両のみとなっていました。
臨時化される直前は北海道と東日本が半分ずつの混成12両、それより前は号数により受け持ちが決まっていました。

特に北海道車は個室化され特異の窓配置が並んだ編成は独特でもありました、それを思い出させる車両が3両のうちの2両が個室化された車両でした。
_MG_1419.jpg
【2015-11-7 陣屋町貨物駅】
中央はオハネフ24-500でしょうか、元々は14系で改造されて誕生した車両で、切妻に窓が片方のみそれでいて緩急車としての役割を果たせる車両でした。
車端に出ることはほとんどなく編成中間に連結されたことが多い車両でしたが、昔に運転された24系7両をして走った「スタンプラリーg号」では独特の妻面を見せて走っていたのが印象に残っています。

妻面を出して走っている姿を撮影はしてるんですがなんせポジを探すのが大変でしてどこにあるか覚えていません…
以前ポジを見ていた時に見つけたのですがそれがどこか分かりません(笑)
見つけたらスキャンしてご紹介したと思いますが、スキャンしてからの編集作業が大変で時間も掛かることから気長にお待ちください。

話しは戻りましてこれで陣屋町に回送された711系と24系全ての解体が終了することになります。
前回の日記でも綴りましたが撮影出来るのはこれが最後となるのでまだ撮影をしていないという方は早めの訪問をおすすめします。
  1. 2015/11/10(火) 20:11:11|
  2. 客車
  3. | コメント:0

晩秋の日差し

今日は土曜日、札幌発着の「カシオペア」運転日です、天気予報を見ると天気もいいことから非電化区間へ撮影に行ってきました。
当初では豊浦俯瞰を予定していたんですがクルマを走らせているとどう考えてもギリギリか間に合わない
撮れなくなるのも嫌なので豊浦方面へ抜けるのをやめて伊達方面へ予定を変更

長和ストレートで撮ることに決め走ること数10分、現地へ到着するも曇っていて快晴での天気は期待出来なさそう。
来年3月で廃止が発表されているので何人かいるのかなと思っていたら人影が見当たらず…結局一人でカシオペアを撮っていました。

定時よりやや遅れて通過してすぐに室蘭方面へ移動開始、追っかける訳ではなくただ単に時間がもったいないだけです。
黄金駅で数本列車を撮影して陣屋町へ寄ってみました。
8両ほどあった24系は解体が進んで残り3両のみとなっていました、このペースで進んでいけば来週か再来週あたりには全車の解体が終わりそうな気配です。
昼を食べてある程度時間も空いてるしダイヤを確認したらスーパー北斗があるみたいで帰りがてら富浦に寄ってついでの撮影

_MG_1511.jpg
【2015-11-7 富浦-登別】
通過したのは15時近くですが既に陽が傾き始めています、何分か前は太陽が雲に隠れてしまってたのですが、長い雲ではなかったので通過時は影響なし。
正面は潰れてしまっていますがハイビームで来てくれました。
室蘭界隈だと時間帯によってはどこもダメな場合もあるのですが、向きが違う富浦は午後になると光線も良く、やはりいい場所です。
このあとは上りの「すずらん」があるのですがどこにしようか迷いアヨロ踏切で撮ってきました、編成に光線は当たらず正面の一部だけといういい条件ではなかったのですが狙い通りの一枚を撮れました。

雲や海霧が出やすい室蘭方面の天気は一筋縄ではいきませんね、それでもだいぶ天気は安定はしてきてましたが、これも狙い通りの一枚を狙うために通う口実にもなりそうです。
  1. 2015/11/07(土) 20:47:35|
  2. キハ281系
  3. | コメント:0

メンテナンス

昨日は取得していた年休だったのを忘れて急遽休みでした、平日にしか出来ないこともあるのでキャノンのサービスセンターで7Dのセンサー清掃をお願いしてきました。
朝一に出してきて終わったのが15:30頃、順番もあると思いますがやはり時間が掛かってしまうようです。

メイン機をメンテナンスに出している間は久しぶりに40Dで撮影をしてみました。
全てが違うのでちょっと撮りにくかったです、モニターの解像度も荒いのでピントと露出が合っているか、確認してみてもあまり良く分かりません、7Dを買う前はメイン機だったのですが出番が減ってしまった今ではその感覚も忘れてしまっています。
_MG_8325_20151106185426c12.jpg
【2015-11-5 苗穂-札幌】
急な休日みたいなのなのでまったくのノープラン、かと言って遠くに出かける気もないので近場の撮影だけでした。
苗穂工場に入場している車両を撮影していると12Dの時間が近い事に気が付いたので40Dでは初めて24-105mmを装着して撮ってみました。

基本の4両で普通の編成でした、光線が柔らかくなったとは言え晴れるとマンションの影が落ちてしまうこの場所ですが4両なら広角系のレンズを使えば上手く処理は出来ますね。でもここって曇りの日に撮るのが一番いいと思います。

  1. 2015/11/06(金) 19:03:34|
  2. キハ183系
  3. | コメント:0

ル・マン24時間レース優勝車

祝日となった今日ですが小樽と出かけてきました、小樽交通記念館(現:小樽総合博物館)としてリニューアルしてから長年展示されていたマツダ787Bのレプリカが返却されるとのことで今回はそれが目的でした。

建物内展示だったのですがそれもいつのまにか屋外にある専用の展示スペースに移動されて、自然光があるので室内と比べると撮りやすくなったのではないでしょうか。
今更ながらデジで始めての撮影でしたが手前の鎖が入ってしまうのは仕方ないにしてももう少し工夫してもらえればスッキリと撮ることが出来たかもしれません。
_MG_1203.jpg
【2015-11-3 小樽総合博物館】

到着直後だったのですがアイアンホース号の発車時間が近いのでこちらを先に撮影をしていました。
なかなか綺麗に撮れる場所がなく機回し線があるあたりで撮ることにして待ちます。
_MG_1149.jpg
【2015-11-3 小樽総合博物館】
距離にして数百mなのでゆっくりとした速度で走っています、白い煙がとてもいいアクセントになりました。
同博物館には歴史的に価値のある車両や建物などがありますが、輸入されてきたアイアンホースも1909年ポーター製、アメリカの保存鉄道から移ってきて状態も良く現在も走り続けています。

そういえば今日って「学校へ行こう!」復活スペシャルなんですよね、私が中学~高校生の頃はそれこそ毎週欠かさず見ていました。
いろんな企画があって笑わせてもらいましたがとても懐かしくさっきちょっと見ていました。
ただMCは渡辺真理奈と加藤あいの時代が中心だったので、紗子と夏帆の時代って知らないんですね、この頃は見なくなっていたのもありますが…

当時の事を思い出しながら再び見ることにします。
  1. 2015/11/03(火) 19:32:57|
  2. 保存車両
  3. | コメント:0

復活

今日から11月となりました、今月をカウントすると2015年も残り2ヶ月しかありません。
昨日の悪かった天気と違い今日は気持ちのいい青空が広がる一日でした、起きて少し経ってからクルマのタイヤ交換をしていました。
午前中は1時間ほどでクルマの冬支度を終えて苗穂で少し撮影、そのあと欲しいものがあったのでヨドバシへ。

午後からは快晴が続くみたいなのでタイヤの皮むきも兼ねて長沼へ
10/3-4に掛けて日本旅行で修復するボランティアツアーが組まれ、三菱大夕張鉄道保存会が中心となって荒れていた元夕張鉄道の25号機が補修され美しく蘇りました。
_MG_0973.jpg
【2015-11-1 長沼コミュニティ公園】
時間が足りず全て修復出来なかったそうですが、前回の荒廃具合をこの目で見ているだけにここまで綺麗になったのはただ凄いという言葉しか出ません。
三菱大夕張鉄道保存会独自の車両修復のノウハウがあってこその復活でしょうね。

これから雪も降る時期ということもあり、どのように冬を越すかは分かりませんがブルーシートに覆われることもあることからそうなる前に訪れて正解でした。
  1. 2015/11/01(日) 18:39:23|
  2. 保存車両
  3. | コメント:0

カレンダー

10 | 2015/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

カウンター

プロフィール

Author:ぞら
網走市生まれ、札幌市在住
小学生の頃から苗穂で撮り続けています。

【愛車遍歴】
1台目=ST185セリカ
2台目=ST205セリカ
3台目=ランエボⅦ
4台目=T32エクストレイル

【カメラ】
EOS7D(メイン)
EOS40D(サブ/予備機)

【レンズ】
Canon EF17-40mm f4L
Canon EF24-105mm f4L IS USM
Canon EF70-200mm f2.8L
Canon EF28-80mm f3.5-5.6
Canon EF28-105mm f3.5-4.5
Canon エクステンダー×1.4

当ブログに掲載されている画像等の無断転載・二次使用等はご遠慮下さい

最近の記事

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

バロメーター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

QRコード

QR