naebo photo blog

北海道の鉄道車両を中心に日々撮影したものを紹介するブログです。

貨物機と客車

_MG26176.jpg
【2014-7-6 上磯-清川口】
北海道新幹線が開業してから4日が経ちました、開業の裏では様々な試験が行われましたがその中の一つ、EH800+スハフ14の試験列車が走ったと綴りましたが今日はその写真を紹介したいと思います。
普通のスハフ14ではなくSL用でしかも全検開け、牽引機はEH800-901で綺麗な姿で試験に供されていました。

この時は確か客車牽引試験と聞いたのがちょっと定かではありません。このデーターによっては新幹線開通後の寝台特急の存続とかそんな話だったと思います。
でも現実は団体用となって再出発する「カシオペア」のみ青函トンネルを通過する事になりました。
だけど何かしらのデーターは生きてくるのではないでしょうか。

6月からカシオペアを牽引する姿を見れることになりますが、この組み合わせが見られたのは数回の試験のみでした。
スポンサーサイト
  1. 2016/03/30(水) 20:17:53|
  2. ネタもの
  3. | コメント:0

長い!

_MG_04719.jpg
【2016-3-27 新函館北斗-仁山】
新幹線の開業と同時にキハ261系のよる「スーパー北斗」もデビューしました。時刻表に掲載されている通り基本編成が8両となっています。
新幹線効果で乗客が増えることにより増結されて10両で走っています。とにかく長いの一言ですね。
数年前までは「スーパーおおぞら」で10両編成は見られたものの抑制している影響で増結して8両までとなっているので、そこまで長いとは感じることもなくなってしまいました。

写真は仁山駅のホームから撮影したキハ261系「スーパー北斗」です。
先頭は新塗装のST-1204が入っている以外はHET色ですが混色編成となっています。
ダイヤ改正より経路が変更されて仁山経由となりました、今までは大沼で綺麗な編成写真を撮ることが出来たんですが、それが出来なくなってしまったので仁山駅からの撮影となりました。
  1. 2016/03/29(火) 18:55:14|
  2. キハ261系
  3. | コメント:0

歴史的な瞬間

2016年3月26日ついに北海道新幹線が開業を果たしました、この歴史的な瞬間に立ち合ってきました。
どこも人とマスコミだらけなのは仕方ないですが、それが開業を待ちわびた地元の声でもあったような気がします。
_MG_04679.jpg
【2016-3-26 奥津軽いまべつ-木古内】
車両を入れてばかりも開業当日の雰囲気が伝わらないので敢えて人を入れて撮ったのがこの一枚です。
地元の方が集まり大漁旗やメッセージボードを待つなど、開業初日を盛り上げていきたいというのが伝わってきます。
逆光側ではあったのですがどうしてもこのシーンを入れたかったので光線状態には目をつぶりました。

_MG_04682.jpg
【2016-3-26 道南いさりび鉄道 清川口-上磯】
そしてもう一つ誕生したのが江差線 五稜郭-木古内館を引き継いだ「道南いさりび鉄道」
譲渡されたキハ40のうち2両が「ながまれ号」」として特別塗装を施され走っています。
開業初日のみは2両に組んで運用されていて基本的には1両のみの運行だそうです。

ちなみに貨物列車に関しては運転時間もほぼ変わらずに結構な頻度で運転されています。
それと今後ですが全路線を対象に防音壁の設置工事が始まるらしく、撮影地と呼ばれている場所は今後撮影出来なくなるそうです。
どうしてもここで撮りたいという方は早めの撮影をお願いします。

二日間ともこの一大イベントの空気に触れましたがブルーインパルスやプロジェクトマッピング・花火の打ち上げとぜひ地元で開業を盛り上げていきたい!というのを肌で感じる事が出来て思いが伝わってきた撮影でした。
  1. 2016/03/28(月) 18:24:21|
  2. 北海道新幹線
  3. | コメント:0

開業に向けての試験

北海道新幹線の開業までいよいよ残り二日と迫ってきました、また新たな時代がスタートすることになります。
他の新幹線と違い青函トンネルは在来線と共用のため3線軌道となっています。
そのような形態で運行されるのも初めてなので様々な試験が行われていました。さすがに全ては行けませんでしたがその中で新幹線とのすれ違い試験があると聞き海峡線へ

_MG_5791.jpg
【2015-8-1 釜谷-渡島当別】
すれ違い試験はトンネル内なので無理ですが、その使われた試験列車を撮ることが出来ました。
あくまで試験のデーター取りが目的なようで編成は短かったのですが、EH800-3+コキ106×2+スハフ14+コキ106×2+EH800-2という試験ならではの組成でした。
特にスハフ14はJR北海道から貸し出され試験状態を監視する車両として使われたようです。

開業前にしか見られないこのような試験列車ですが、撮影する機会に恵まれたのはただ運が良かっただけでしょう。
もうカウントダウンは始まり開業を待つだけとなりました。
  1. 2016/03/24(木) 18:30:25|
  2. ネタもの
  3. | コメント:0

はまなすの思い出

急行「はまなす」の運転が終わりました、ラストランは撮影に行きましたが最後に相応しく重連での姿はやはりカッコイイですね。
「はまなす」で過去に撮った写真で思い出すのが山線迂回時に苗穂駅で機回しする光景を撮りに行ってます。
高校生の頃で16年も前なので詳しく覚えていませんが、「はまなす」だけを狙いに撮りに行った気がします。
2000-5-28 (2)
【2000-5-28 札幌-苗穂】
山線を迂回してきた「はまなす」が函館本線から苗穂駅に入線する渡り7番線に入ってくるシーンです。
客車は間合いで「海峡」に使う関係でドラえもんのシールが貼られているのが特徴的です。
今では線路が剥がされている苗穂北ガス線の線路が残っていますね。

2000-5-28.jpg
【2000-5-28 札幌-苗穂】
苗穂駅7番線に到着したところです。スハフ14のみ新たなドラえもんシールが貼られ派手になっているのでその過渡期だと思います。
基本に1増ですが編成の向きが逆になっているのが分かると思います。
山線を迂回してきた「はまなす」を撮ったのはこの時だけですが、重連で運転されている寝台特急ならば先頭のカマを後部につけj変えて苗穂駅での手間を改善しましたが「はまなす」に関しては分からないんですよね。

小樽駅でカマを新たに連結するといったこともあったようなんですが見ていないので定かではありません。
これらの事もすべてが過去に集約された出来事でしょうね。
  1. 2016/03/23(水) 20:03:12|
  2. 急行はまなす
  3. | コメント:0

白滝シリーズ

今回のダイヤ改正で駅の廃止も発表されていますがその中の一つ、下白滝は訪れたことがある駅でした。
たぶん2008年から行ってませんがここでSL常紋号を撮っていて、遠軽でスイッチバックする都合上、DE15重連で遠軽-白滝間を走っているんですが、補機仕業を単機ではなく重連で走っていたのが特徴的なSL列車でした。
_MG_0691_20160321160340b73.jpg
【2008-6-29 下白滝】
下白滝を通過中の「SL常紋号」です、後方にはSLがぶらさがりで白滝を目指しています。
訪問したのはこの時だけでしたが、ここで複数の人が撮影していたのが今でも記憶に残っています。
右側を見れば高速道路が走っていますが、それがなかったらとても静かな場所なんだという印象がありました。

発表されたこれらの駅が廃止されるまで残り5日ですが、訪れる人も増えてきているようです。

  1. 2016/03/21(月) 16:13:20|
  2. DE10/15
  3. | コメント:0

3/20「カシオペア」ラストラン

ついにこの時が来てしまったという一日でした、予告されていた通り今日が「カシオペア」の運転最終日です。
どこで撮ろうか最後の最後まで迷い、光線状態などを考えて黄金のオーバークロスで下りのラストを撮影してきました。
天気は予報通り晴れ、室蘭方面まで足を延ばした理由の一つに天気もあったのですが非電化区間で撮りたいというのもありました。
_MG_04556.jpg
【2016-3-20 黄金-崎守】
これほど天気がいいしじゃあどうやって撮ろうかというのも悩みました。最後だしどうやって撮るか車両のアップで撮る?でも前回ここで撮ったときは車両中心で撮ってるし、何と言っても今日は有珠山が綺麗に見えてる日。
同じように撮るのもつまらないし綺麗に出ていることから後者を選びました。

過去に撮った写真と、スーパーとかち194号さんの撮り方を参考にしつつも自分はどのように撮るか、ポイントとなるのはやはり後方の有珠山です。
山を中心としつつ場所を微調整しつつバランスがいいポジション、左に寄りすぎても電柱が入ったり海側を写しすぎても逆光で潰れてしまう。

ほぼぶっつけ本番に等しく来るまでは分かりませんでしたが、頭の中でのイメージ通りのものが撮れたと思います。
それは家に帰って写真を編集しているとその選択は間違ってなかったと確信しました。

下りの撮影を終えて撤収するも途中、陣屋町に寄って撮影し時刻表で北斗とスーパー北斗の時間が近いことが分かったので撮影しつつ札幌方面にクルマを走らせます。
上りの撮影をも考えなくてはいけないのでこれも悩みつつ選んだのは恵庭市内

日没を考えると札幌から離れすぎたら暗いんですよめ、本時の日没は17:45分とのこと
恵庭の通過が16:30-40過ぎなので1時間の余裕はあります。

14時すぎに到着すると撮影地にはお知り合いが一人、楽しく話をしながら寒いのでお互いクルマで待機してたりして時間を待ちます。
気温は5度ほどあったんですが風が強くすごく寒く感じました。
_MG_04577.jpg
【2016-3-20 恵み野-恵庭】
残念ながら大きな雲に阻まれてしまいましたが通過数秒前にかなり回復してきて完全な曇にはなりませんでした、それだけが救いですね。
この場所もRMに載るようになってから撮影する人が増えた気がします。

これをもってラストのカシオペアの撮影は終わり、週3日運転の臨時列車でしたが定期的に来るのはこれが最後。
車両自体は残り今後は団体専用列車として残るようで北海道にもまた違う形で姿を見せてくれるそうです。
でも定期的に見れるのはこれが最後。

また改めて撮影する機会をぜひ楽しみにしたいと思います。
  1. 2016/03/20(日) 20:19:13|
  2. カシオペア
  3. | コメント:0

残り4日

祖母が亡くなり葬式があったので3日ぶりに札幌へ戻ってきました。大往生という言葉にふさわしくとても安らか顔でした。
さすがに小清水往復は距離も長く今日は午前中に出たものの札幌に着いたのは14:30頃でした。
従弟に聞いたのですがばあちゃんは「北見鉄道」が走っていたころを知っているようで「小清水に汽車が走ってた」と話していたことがあるそうです。
結局本人から直接話を聞くことは出来ませんでしたが、確かに小清水には鉄路があったことを証明してくれる言葉でしょう。
_MG_04549.jpg
【2016-3-16 白石-苗穂】
小清水に出発する前ですが江差線での検測を終えたマヤ34の返却を兼ねた「はまなす」を撮ってきました。
ラストが近いのでここも人がいましたが散らばっていたのと、知り合いがいたので通過までしばし談笑しての待ち時間でした。
これで本当に最後のマヤ連結です。
「はまなす」が廃止されると同時に一つの歴史に幕を閉じますがその1ページに刻まれることになるでしょう。

明日から通常通りの休みの日となりますがカシオペア最終日なんですよね、未だにどこで撮るか決めていません。
  1. 2016/03/19(土) 16:17:24|
  2. 急行はまなす
  3. | コメント:0

臨時快速「増毛ライナー」

留萌線の廃止が現実的になりつつありますがまだ廃止を申請との報道はなく正式な発表を待ちたいと思います。
現在、雪解けシーズンを迎えて留萌-増毛間は運休となっています。
留萌線と言えばかつてSLすずらん号が走りNHKのテレビ小説で舞台になったことから一時的なブームとなっていました。
その熱がだいぶ落ち着いてきたころですが、深川-留萌間に快速「ミッドナイト」の間合いを利用して臨時快速「増毛ライナー」が走ってたことがありました。
2000-8-10.jpg
【2000-8-10 増毛 臨時快速「増毛ライナー」】
間合い運用ということでミッドナイト運転後、苗穂から深川まで回送された上で留萌線の運用に入っていました、回送区間の方が長いような…
ミッドナイトは夜行だったので明るい時間は早朝しか撮影することしかできず、キハ27を昼間に撮影出来るチャンスでもありました。

この頃の特徴と言えば見てわかるように中間には宗谷急行が特急に格上げされ、余剰となったキハ182-36-38のうち2両が函館に転属してミッドナイトの運用に就いていました。
キハ27で運転されていた末期の姿ですがかなり異質の編成だったんですねー

これは横浜の友人とSLすずらん号を撮りに行って時間があったので「増毛ライナー」に乗った時の一枚です。
乗車率はというと今でもはっきりと覚えていますが乗車した留萌-増毛間はガラガラ、中間のキハ182に乗りましたが自分たち二人という状態でした。
今は廃止が噂されているだけに規制線が張られて撮影できる範囲が限られているようですが、この時は一切なし。

さてこれに乗ってきたからには帰りも乗車していきましたがガラガラだったいうのは変わらず。
留萌駅に到着してからは乗客を降ろして、折り返しまで時間があることから一旦引き上げて中線に留置されていました。

ふと思い出して当時の時刻表がないか本棚を見たら捨てずに残していたのがありました。
6981D ミッドナイト 函館23:00→札幌6:30
9421D 深川9:32→留萌10:28-31→増毛10:50
9422D 増毛10:55→留萌11:15
9425D 留萌13:23→増毛13:42
9424D 増毛13:48→留萌14:08
9427D 留萌16:08→増毛16:28
9428D 増毛16:46→留萌17:05-20→深川18:13
6980D ミッドナイト 札幌23:35→函館6:30
深川-留萌間1往復、留萌-増毛間2往復というダイヤが組まれていたようです。運転期間は7/15-8/13と約一か月近く設定されていたんですねー
中線に留置されている時の写真を撮っているので恐らくこれは9425Dと9424Dではないかと思います。

ミッドナイトの間合い時間たっぷり利用した列車でした。
  1. 2016/03/14(月) 19:42:11|
  2. キハ56/27系
  3. | コメント:0

最後の最後で

_MG_04532.jpg
【2016-3-12 苗穂-白石】
昨日の「はまなす」に廃止一週間前にしてマヤ34が連結されて函館へ向かいました、恐らく本当にこれが最後の連結になるでしょうね。
人が多い札幌駅を避けて苗穂で「はまなす」を撮ってきました。
ISO12800で粒子の粗さが目立ちますが機関車の次位に連結されているのがお分かりいただけると思います。

ピントが心配でしたがこんな暗さですがAIサーボがちゃんと追従してくれたので問題はなし
札幌発という時点では最後の連結ということになります。函館に行ったということでいつ戻ってくるんでしょうか?気になります。
  1. 2016/03/13(日) 11:48:48|
  2. 急行はまなす
  3. | コメント:0

夕張川鉄橋とキハ261系

ダイヤ改正と同時にしてキハ261系が「スーパー北斗」の運用に入ります。函館へ向かう特急としては久しぶりの新型導入ですね。
新たに増備された車両は側面のロゴや仕様が変更されています。
その第一陣で回送されてきた8両ですが公式試運転を撮る機会がありました。
_MG_1989.jpg
【2015-6-3 キハ261系公式試運転 豊幌-江別】
仕事がある平日ですがかなり早い時間に起きて江別方面にクルマを走らせてみました。
撮るならここしかないということで行ったのは夕張川鉄橋、函館本線であることが明確にわかる場所と行ったらここしかありません。
普段は入線しない車両だからこそここで撮る価値があるというのが決め手でした。

北海道新幹線開業まで17日、道南方面導入に伴い今でも入念に試運転が続けられているそうです。
キハ261系に「スーパー北斗」のマークというのも早く見てみたいですが、それはダイヤ改正当日までお預けとなりそうです。
  1. 2016/03/10(木) 20:31:33|
  2. キハ261系
  3. | コメント:0

「カシオペア」小樽築港展示会

ポジの山から「カシオペア」小樽築港展示会の写真をやっと見つけました、最後のほうに見つかるというのが毎度のパターンです(笑)
デビュー前のプレイベントという感じで小樽築港の留置線を利用した展示会が確か二日間行われたような記憶があります。
今だとちょうどこの付近は駐車場になってた思いますが、立ち入ることのできないエリアです。
1999-6-20.jpg
【1999-6-20 小樽築港駅】
もちろん車内も見学することが出来て同時にパンフレットも貰ってきたはずなので家のどこかにあるはずです。
編成がちょっと違ってDD51のプッシュプルで回送の手間を省くためこのように展示されていました。
単機でヘッドマークを付けたのはこの時だけだったような気もします。写真の-1137号機は現在、廃車され陣屋で輸出の時を待っています。

運転開始を調べたら1999年7月16日なんですね、ということでこれは一か月前に行われたお披露目と言った感じでしょうか。
  1. 2016/03/08(火) 20:24:01|
  2. カシオペア
  3. | コメント:0

北海道初上陸

「カシオペア」の運転終了が1日1日と迫ってきています、思えば北海道に初めて上陸する瞬間にも立ち会っているので最初から最後まで見ることが出来る列車でもあります。
道内に初めて来たのは1999年6月3日、いまから16年半も走り続けてきてるんですよね。
dd51-1999-7-3.jpg
【1999-6-3 白石-苗穂】
フル編成ではなく9両で渡道してきています、DD51が重連なのは変わりません。
これ回送なんですがしっかりとマーク付きというのが通常とは違います、回送であればマークはどの列車であれ外して走ります。

なぜマーク付きで来たのかというと、後日、小樽築港の留置線を使用して「カシオペア展示会」が行われることに関係していて、もちろんそれも撮影に行ってるんですがそれはまた別の機会に紹介したいと思います。

  1. 2016/03/07(月) 18:32:49|
  2. カシオペア
  3. | コメント:0

札幌市内へ

昨日は非常に天気が良く春めいた青空が広がる一日でした、さてカシオペアはどこで撮ろうかと悩み、まず人が多いところは避けたい…
だけど遠くに行くのも面倒だしと考えて札幌近郊で人がそんな多くない場所となったら上野幌へ向かいました。
前回撮った場所ではクレーンが写ってしまったのでもう一回と考えたんですが、機関車メインではなく客車メインで撮ることに決定
_MG_04502.jpg
【2016-3-5 西の里(信)-上野幌】
行きついたのはココ、川を挟んで札幌と北広島の境界となっていてまさに札幌市内へと入っていくシーンです
撮影しているとどうしてもカマ重視になってしまいますが敢えてこういう風に撮るのも大事かなと思います。
旧千歳線を再利用したサイクリングロードがすぐ真下で、この場所では私一人だけでした。

雪があるので行くまでちょっと疲れますが周りの風景が少々うるさいものの結構好きな場所です。
  1. 2016/03/06(日) 09:56:40|
  2. カシオペア
  3. | コメント:0

こちらもお別れ

_MG_3858.jpg
【2015-6-20 釜谷-渡島当別】
「カシオペア」「はまなす」の影に隠れて海峡線内でのEH500の入線も電圧方式が変わる事によって見納め。
そんなに多くの枚数がないですが後悔はないくらいは撮れたかなと思います。
今日は一番のお気に入りを選んでみました、「カシオペア」通過前に来たEH500-54牽引の貨物列車です。
光線状態も最高に良く思い描いていた通りの一枚を撮れて満足出来た瞬間でした。

EH500が見れるのも残り16日、ひっそりとEH800と交代していくのでしょうか、ダイヤ改正からはEH800のみとなりますがそれはそれで新鮮な光景なので今度撮影に行くときはちょっと楽しみです。
  1. 2016/03/04(金) 21:50:07|
  2. 貨物列車
  3. | コメント:0

函館への回送+オマケ付き

道南地区のSLの運転が終了し新幹線一色となっています、毎年GW・夏季・冬季期間の3回も走っていたんですよね。
デジタルにしてからはあまり撮影することはできず、なので今日はその函館へ行く前の写真にしてみました。

SLクリスマスファンタジー運転のために回送されなければならないですが、まさにその時の写真です。
_MG_3364.jpg
【2014-11-29 苗穂駅】

_MG_3355.jpg
【2014-11-29 苗穂駅】
至って普通のように見えて後ろにはちょっとオマケがついています。
回送日と重なったのでしょうね、エンジン載せ換えを終えた車両が連結されDE15-1520+C11-171+ワム281395+キハ182-7553の4両という編成
こんな形態で回送されたのは後にも先にもこの一回だけでした。
さらに客車が先の回送されていたのでその時に牽引したのも-1520で室蘭本線を経由した関係で実はエンドが逆向きとなっています。

  1. 2016/03/03(木) 20:06:48|
  2. SL回送
  3. | コメント:0

スカスカ

_MG_04454.jpg
【2016-2-26 2082レ 美々-植苗】
大岸にカシオペアを撮って長いするつもりはなかったのですぐに苫小牧方面移動していたときのこと
途中、模型屋に寄り道とちょっと遅い昼ご飯を済ませ千歳方面へクルマを走らせます。

時間を見ると2082レの通過が近いことを思い出します。これはついでに撮れると思ったので植苗駅へ向かうとだいぶ時間に余裕があって到着することが出来ました。
ついでに撮った2082レはほとんどが回送車連結で荷があるのは後ろの2両だけという編成でした。

  1. 2016/03/01(火) 18:47:05|
  2. 貨物列車
  3. | コメント:0

カレンダー

02 | 2016/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カウンター

プロフィール

Author:ぞら
網走市生まれ、札幌市在住
小学生の頃から苗穂で撮り続けています。

【カメラ】
EOS7D(メイン)
EOS40D(サブ/予備機)

【レンズ】
Canon EF17-40mm f4L
Canon EF24-105mm f4L IS USM
Canon EF70-200mm f2.8L
Canon エクステンダー×1.4

当ブログに掲載されている画像等の無断転載・二次使用等はご遠慮下さい

最近の記事

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

バロメーター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

QRコード

QR