naebo photo blog

北海道の鉄道車両を中心に日々撮影したものを紹介するブログです。

廃止間際

12/5で廃止(営業は12/4まで)となる留萌線の留萌-増毛間の撮影に行ってきました。
札幌を4時に出てオロロンライン経由で増毛へ、7時台のローカルを撮影したら臨時快速を撮るため、高速に乗り秩父別まで移動
前回ノロッコを撮影した同じ場所から追っかけたのですが、道路状況や天候・車の流れなど高速区間を利用したとしても留萌まで追いつきません。

廃止前日や当日になるとさらにクルマが増えるのは間違いないので廃止区間で撮影したほうが良さそうです。
高速区間では50-60kmの流れだったのと、ノロッコと比べると停車駅も少ないですしそりゃあ追いつくわけないですよね。
_MG_10085.jpg
【2016-11-28 臨時快速 箸別-増毛】
留萌での停車時間が長いのでお馴染みな箸別のオーバークロスから撮った臨時快速です。
釧路からたらこ色である1758が貸し出されて増毛方に連結されています。
今日のメインはこの列車でしたがコレを撮りにいったみたいなものなんですよね。

17時の列車までいる予定でしたが天候が悪化し露出が落ちてきたことこら14時の列車を撮影して帰ってきました。
廃止当時の前後は混雑が予想されるのと、道路状況は良くないので慎重な運転が求められることから何事もなく終わることを願っています。
スポンサーサイト
  1. 2016/11/28(月) 19:54:25|
  2. 留萌線
  3. | コメント:0

789系転用改造車

_MG_10061.jpg
【2016-11-22 豊幌-江別】
朝、北斗とオホーツクの撮影に行った時のこと。苗穂工場の方を見ると789系が留置されるのが見えて観察していると動き出し何かある様子。
カメラで確認すると引き出してるのはDF200、ということは本線試運転があるってことです。

予定を変更して本線試運転の撮影にすることにしました。
既に転用改造された789系は数本出ていますが、今まで撮影するタイミングが合わず逃してばかり。
今更ながら初の撮影となりました。

塗装もそのままでロゴが消されATS-Dnに載せ換えられています、目立つ点はというとヘッドマークが幕からLED変更されています。
来年のダイヤ改正では運転が縮小されると報道されている道北特急そしてオホーツクの接続列車を中心に使われるそうです。
詳細は分かりませんが道央地区に転用されるということで気になる車両の一つです。
  1. 2016/11/22(火) 17:53:28|
  2. ネタもの
  3. | コメント:0

残り僅か

_MG_10018.jpg
【2016-11-16 苗穂運転所扇形庫】
あれから扇形庫の解体も進み最後まで残っていた8番線(コンクリートで閉鎖してた部分)が壊され、建物は奥の部分のみになりました。
今月中には姿を消すのは間違いないですね。

この扇形庫ですが思い出がありまして、小学生の時に友達3人で苗穂ストレートで列車を見ていたら保線のおじさんに話しかけられて
「運転所に行けばシロクニ見せてもらえるから行ってみてごらん」と言われその言葉を信じ運転所に行くと、特別ではありましたが1番線に入ってるC62-3を見せてもらったことがあります。
火は入ってない状態ですが今でもあの大きな車体が印象に残っています。まだ運転終了前で扇形庫に置かれていた時で、今から21年前1995年の話で私は小学6年生でした(シロクニ最終日は11/3)

扇形庫の端から端まで見せてもらったのは最初で最後でした。
苗穂運転所公開でも非公開だったので貴重な経験を出来たなと今でも思います。

残っている部分は少なくなり最後を見届けることは出来そうにないのが残念なところです。
  1. 2016/11/16(水) 18:23:31|
  2. その他の話題
  3. | コメント:0

フル編成で

_MG_10011.jpg
【2016-11-14 72D 白石-苗穂】
昨年同様、キハ183系の車両不足となっています、雪が降るようになり鹿の出没による影響みたいです。
天気の良かった昨日は72Dに旭山編成が入っていたので撮影、何もなければ苗穂運転所の出区線でサロベツと並びを撮れます。

しかし予定通りいかないもので定時から約10分ほど遅れて通過、この様子だと並ばないなと思いつつ歩道橋で向かいます。
サロベツの撮影には間に合うものの、数分して入れ換え信号機から移動
ということは並ばないことが確定、サロベツが苗穂から出区していき数分後、回72Dが苗穂に戻ってきました。

今日からは通常の運用に戻ったようですがサロベツではイレギュラーな編成が続いており目が離せない列車となっています。
  1. 2016/11/15(火) 18:00:44|
  2. キハ183系
  3. | コメント:0

苗穂での並走

_MG_09952.jpg
【2016-11-7 白石-苗穂】
先日撮影した中の一枚からです、白石からの区間では見られる光景ですが苗穂ストレートの柵が歩道側に変わってから実は撮りにくくなってます。
なので例え並んできてもタイミングが悪ければ電柱が写ってしまうし撮らないことが増えました。

今回はいい位置で並んでくれたのでシャッターを切ったのでした。スーパ北斗狙いで編成撮ることが出来ませんでしたが結果オーライですね。
この時は太陽の位置が低く露出が落ち始めてるときでしたが雪レフ効果のおかげで助かった部分もありました。
  1. 2016/11/10(木) 20:17:32|
  2. キハ261系
  3. | コメント:0

残り半分

_MG_09919.jpg
【2016-11-7 苗穂運転所】
扇形庫の解体が始まって約1週間、今日撮影に行くと解体スピードにびっくり既に半分の解体を終えていました。
現在は重機3台を使用して壊されています。
このペースだと今週中もしくは来週の頭あたりには完全に姿を消しそうです。

_MG_09925.jpg
【2016-11-7 苗穂運転所】
別アングルからもう一枚だとこんな感じです。なぜ障害物だらけのアングルかというと撮影しやすい位置の留置線にクリスタルが置かれており正面から撮ることが出来ません。
なのでこのようなアングルになってしまうのですが仕方ありません。

こうして歴史の一ページが消えていってしまうのですね。
本線上では扇形庫は消えてしまいますが、唯一残るのは小樽市総合博物館にある扇形庫となってしまいます。
  1. 2016/11/07(月) 17:36:59|
  2. その他の話題
  3. | コメント:0

苗穂運転所の扇形庫解体

苗穂運転所の象徴とも言える扇形庫が解体作業に入ってます。苗穂機関区からの名残で築80年近く経つものでここ数年は老朽化が激しく姿を消すことになります。
SLニセコ運転時には使用されてきましたが最終年は安全面からか使われることはなく、苗穂工場からの入出区となっていました。
_MG_09877.jpg
【苗穂運転所 2016-11-1】
現在1.2番線から解体工事が開始され足場を組まれて少しづつその役割を終えようとしています。
数年前から解体予定と聞いていたのですがついに解体されることになりました。

_MG_09832.jpg
【苗穂運転所 2016-10-24】
これが最後に撮った扇形庫の全景となりました。
建設から80年余りと考えれば安全面のこともあり仕方ないとは思いますが、移転工事で変わっていく中でまた一つ見慣れた風景が消えていくのは残念です。
  1. 2016/11/01(火) 16:36:20|
  2. その他の話題
  3. | コメント:0

カレンダー

10 | 2016/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

カウンター

プロフィール

Author:ぞら
網走市生まれ、札幌市在住
小学生の頃から苗穂で撮り続けています。

【カメラ】
EOS7D(メイン)
EOS40D(サブ/予備機)

【レンズ】
Canon EF17-40mm f4L
Canon EF24-105mm f4L IS USM
Canon EF70-200mm f2.8L
Canon エクステンダー×1.4

当ブログに掲載されている画像等の無断転載・二次使用等はご遠慮下さい

最近の記事

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

バロメーター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

QRコード

QR